古賀慶、伊澤了/ブルータル 殺人警察官の告白


ブルータル 殺人警察官の告白 1巻

■サディスティックな犯罪者を、サディスティックに血祭りにあげる警察官。

父が元警視総監というキャリアの警察官だが手柄をあげて評判も上々。そんな人物は、シリアルキラーだった。


ただし殺す対象は悪人。その者が犯した罪に応じた私刑を行い、最後は自前の別荘の窯で燃やしてしまう。彼の目的は、絶望が見たいということ。亡くなった愛した友と天国で再会するために、善いことをしているのだと。


錦戸亮主演でTVドラマ化され、大ヒットとなった『トレース 科捜研法医研究員の追想 』のスピンオフ、だそうだが元の作品はレビュー漏れ。途中まで読んでるので意図的にレビューしなかった様子。バディ役があまりにもあんまりなためだと思う。


本作の場合はそうした余計な要素は排除してソリッドに展開される点はプラス。主人公の犯行はグロテスクでマイナスも、悪人を葬るためであることはプラス。とはいえその悪人の所業も描かれるわけで全体としてはグロテスクの二乗。主人公のグロテスクさを肯定するために悪人の所業を描写していると考えれば嫌な作りの作品とも言える。まぁ悪人が裁かれる展開なので、上手い構造の物語ではある。


【データ】
原作=古賀慶、作画=伊澤了
ブルータル 殺人警察官の告白
【発行元/発売元】 ノース・スターズ・ピクチャーズ (2019/11/20) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ ブルータル 殺人警察官の告白 1巻

錦戸亮主演でTVドラマ化され、大ヒットとなった『トレース 科捜研法医研究員の追想』、漆黒のスピンオフ――。法で裁けない極悪人に、最悪の死を与える男がいる。警視庁捜査第一課、壇浩輝。元警視総監の父を持ち、キャリア組で出世街道を邁進する彼の裏の顔は、100人を超える悪人たちを殺してきたシリアルキラー。悪人に、死刑を超える私刑を贈る純黒のサスペンス――。


■当サイトの月間オススメはこちらから

志村貴子/おとなになっても


おとなになっても(1) 【電子版限定特典かきおろしマンガ付き】 (Kissコミックス)

■行きずりの恋、のはずが気になる二人。これからも、 と思っていたが相手は既婚者だった。…まぁそれだけだと 割とある不倫話なんだけど…。著者なのでもう一捻り。

個人面談を終えた学校の先生は、時間があるということで電車に乗って 行きつけの店へ。とはいえ、久しぶりじゃないですか、とお店の人に言われる くらいにご無沙汰。なかなかこちらまで足をのばせなくて、 と返したところに、隣に座ったお客さんが、そんなに遠くから来たんですか? と口を挟んできた。児童が住んでないエリアでさえあれば、と心で答えつつ、 次のシーンで二人はキスを…。


初めて会った人とこんなこと、といいながら、相手の家に寄り、 ノリノリな先生。相手は先程のダイニングバーで働き始めたばかり。 行きずりの関係かと思えば、連絡先も交換し、来週あたりまたお店に行きます、 と連絡する先生。しかしその後、二人は店で再会する。先生は、夫を連れて。


ときめいた相手は既婚者だった、という話。会っていきなり そういう関係になるのが、学校の先生で、女性同士で、というところが センセーショナルなような、そうした題材を著者は選んでいるのだろうが、 でもそのテイストはふんわり飄々と。


好きな相手が男と結婚してしまう哀しさ、切なさ。一方で、 パートナーがいるのに自分にちょっかいを出してきた人への ちょっとした怒りと、混乱。不倫と同性愛とを混ぜ込んで、 相変わらずユニークでかつ出口の見えない物語を放り込んできた。 一巻中盤から話は膠着状態。どうするんですかねこれ…。


【データ】
志村貴子
おとなになっても
【発行元/発売元】 講談社 (2019/10/11) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ おとなになっても(1) 【電子版限定特典かきおろしマンガ付き】 (Kissコミックス)
小学校の先生をしている綾乃は、久しぶりに立ち寄った行きつけのバーで、朱里に声をかけられる。二人は初対面ながら意気投合し、そのまま朱里の部屋へ。キスをしてまた会うことを約束する。しかし数日後、朱里のバーに現れた綾乃は「夫」を連れてきて……!? 初めての気持ちに戸惑う綾乃と、そんな綾乃に振り回されながらも惹かれる心を止められない朱里。30代半ばになってもまだ全然おとなじゃない。胸騒ぎが止まらない、少しビターな大人百合、開幕!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 志村貴子/淡島百景
【オススメ】 志村貴子/こいいじ
【オススメ】 志村貴子/娘の家出
藤野千夜、志村貴子/ルート225
【オススメ】 志村貴子/青い花

■当サイトの月間オススメはこちらから

浜田翔子/転生したらピンクドラゴン


転生したらピンクドラゴン 1 (ボニータ・コミックス)

■転生もの、だが転生するのが魔物であり人間に変身できるわけでもない、 というのがミソ。

女子高生が道端のトカゲに気を取られているうちに交通事故で惹かれてしまう。 ところでそのトカゲは実は神でありドラゴンなのだという。助けようとしてくれた礼に転生させてくれるというので、美少女で特別な力がある特別な存在で王子様と知り合って恋をしたりして冒険に満ちた人生がいい!というと、 神様はかなえよう、と受け答える。次の瞬間、彼女は、ドラゴンの姿になっていた。


ドラゴンとして異世界に転生した少女の話。転生ものはあるが 生物、魔物系はさほど多くはない。しかも、ファンタジーよりも メルヘンラブコメのテイストで展開する話はなかなかない。 この話は少女の心のままでドラゴンが行動していく。 レアなドラゴンであり、かつ言葉も解し、喋れるという設定。


それで訳あり王子と知り合い、ともに囚われの身となりつつ、 遭遇したトラブルに知力と能力でもって対処していく、 確かに彼女が願った通りの人生を体現していく物語。 まあ、人ではないんだけれど。


これ、結末はどこに設定しているのかな、 というのは気にはなるが、 ファンタジーとして深みが増していけばより面白くなりそう。


【データ】
浜田翔子
転生したらピンクドラゴン
【発行元/発売元】 秋田書店 (2019/10/16) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 転生したらピンクドラゴン 1 (ボニータ・コミックス)
これといった取り柄もない、ごく普通の女子高生・朝子。ある日、道路にいたトカゲを助けようとしたら、自分も車に轢かれてしまい…!? 気がつくと、なんとドラゴンになっていて……!?? 話題の異世界転生ファンタジー!


■当サイトの著者他作品レビュー
浜田翔子、津々巳あや/コスプリ!
【オススメ】 浜田翔子/代官山呪い屋st.

■当サイトの月間オススメはこちらから

一永のぞみ/コンビニで君との5分間。


コンビニで君との5分間。(1) (ヤングガンガンコミックス)

■コンビニ舞台、お互い意識しながらも 進展しないラブコメもの。身長差と年齢差という わかりやすい設定づけが効いている。

背の低い女性がコンビニで届かないところの飲料をとろうとしたところ、 店員さんに助けられる。その店員を見て彼女はつい「たく…」と言葉が漏れた。 実は彼女が飼っている「たくあん」という名の猫に、彼の面立ちがそっくりなのだった。


そんなきっかけで、声をかけた側は勿論かけられた側も意識しはじめる 二人の関係。コンビニの店員と客なので、接点はよくある。身長差を きっかけに自然と接点を作ったのは巧い。一方、年齢差をつけたことで 話に深みというか可動域を広げることができた。とはいえ彼女の職場の 話は一切なく、彼女の家とコンビニとしか描かれない。その潔い絞り込みかたは、読みやすさをもたらしている。


【データ】
一永のぞみ
コンビニで君との5分間。
【発行元/発売元】 スクウェア・エニックス (2019/10/25) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ コンビニで君との5分間。(1) (ヤングガンガンコミックス)
Twitterで話題の焦らされピュアコメディー、待望の単行本化! 仕事帰りにコンビニへ寄るのが楽しみのOLさん。OLさんになぜか心をかき乱されるポーカーフェイスの高校生バイト、柴崎くん。一見、スマートな二人なのに、カッコつけたくて…認められたくて…癒やされたくて…悩んだ末に全力ですれ違っちゃう――!!? 【新規描き下ろし】も収録した、ごほうびみたいな5分間をお届けします♪


■当サイトの月間オススメはこちらから

KENT/カラーレス


カラーレス(1) (ボーダーコミックス)

■退化してしまった未来を舞台にしたデストピアもの。

未来の話。電磁波により人間の風態は祖先病というもので恐竜のような形に、そして世界から色がなくなり、技術の類も失った。


その世界で、色を取り戻すために研究を続ける人物が主人公。他方に「教団」と呼ばれる色を独占しようとする強大な組織があった。


そんな中、主人公が行きつけの喫茶店でアルバイトしていた少女が、教団に誘拐される。依頼を受け彼女を救い出した主人公だが、彼女が実は祖先病に罹患していない、この時代には教科書でしかお目にかかれない風態の持ち主だった。


研究所の所在もわかりつつ主人公を生かし続ける教団の適当さが話の肝になっている点がご都合主義だが、舞台設定など全体設計はスタイリッシュ。色に関する話は意味がよくわからないが、モノクロ基本の漫画上では生きるギミックではある。


【データ】
KENT
カラーレス
【発行元/発売元】 リイド社 (2019/10/19) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ カラーレス(1) (ボーダーコミックス)
『シドニアの騎士』『人形の国』弐瓶勉先生、絶賛!! 「心配になるぐらい人間が出てきませんが大好きです。」
灰色の地球、異形化が進んだ人類――。 失われた世界を取り戻す異形ガンアクション、開幕!!
極大太陽フレアの影響で色素を失った地球。 異形化し、衰退の一途をたどる人類。 かつての世界を取り戻す鍵は「色」に秘められた力と一人の「少女」。
世界に僅かに残された「色」の残滓に巨大な力が宿っていることを知り研究を進めるアヴィディアは、 少女・智慧を守りながら「色」の力を使い勢力を拡大する「教団」との戦いに身を投じることとなる。
〈著者〉KENT 本作が連載デビューとなる超大型新人。 フィギュアやスタチューの制作において、ビジュアルイメージを視覚化するコンセプトアーティストでもある。


■当サイトの月間オススメはこちらから

ことぶき/令和はなまる学園


令和はなまる学園(1) (アフタヌーンKC)

■JK生活を綴る学園もの。それを男子でやるという 倒錯ぶりはユニークだが…ユニークっていうのかな…

表紙どおり異彩を放つ内容で話題の一作。女子高生の学園もの、 のはずなのだが、その絵柄はBLチック。武将ものを女子で描くという 萌え路線の真逆。


それで描かれるのは基本、女子っぽい生態。ムキムキ男子が ブラジャーしてたりする倒錯具合に萌えるか、 男子高校生の可愛らしさに萌えるか。いや、一応これJKものって ことになっているようだが…。女子読者向け作品、なのかな… いやどうなんだろう…。


JK男子、ってなかなかのパワーワードだな…。


【データ】
ことぶき
令和はなまる学園
【発行元/発売元】 講談社 (2019/10/9) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 令和はなまる学園(1) (アフタヌーンKC)
切谷さんは私立はなまる学園2年A組の学級委員。紺色ブレザーに身を包み、今日も学校に通います。クラスのみんなもスカートの長さを気にしたり胸の大きさを気にする普通の「男子」高校生!? 制服の袖からこぼれる上腕二頭筋が美しい北原さんは野球部のエース。ブラに収まらないほどの大胸筋を持つレスリング部の夢川さんはカワイイものが大好き! 小柄で愛されキャラの春見君はみんなの人気者。JK男子達が織りなす新感覚の倒錯感! 思春期全開でお届けする超高画質コメディをご堪能ください!


■当サイトの月間オススメはこちらから

青木U平/マンガに、編集って必要ですか?


マンガに、編集って必要ですか? 1巻: バンチコミックス

■セールス的に崖っぷちな漫画家と、ファッション誌から 異動してきた若い女性編集者とによる業界もの。

45歳の漫画家が主人公。基本的に編集との不毛な雑談が苦手。 そんな彼に新たに担当としてついたのは、24歳の若い女性だった。


キャリア8年目、コミックスは2〜3巻で打ち切られる状況が続いている。 出版社の体力低下から1万部刷れない作家を養い続けるのは難しかろう と読んでおり、この辺で一発当てとかないと厳しいと自覚している。 そんな状況で、この空気の読めなそうな編集者でいいのだろうか、大丈夫だろうか、いや編集部には意図があってのことかもしれない、でも実際は意図などないのかも、などと考えてしまうのだった。


すれ違い、まるで噛み合わなそうな二人のコメディか、 その果に二人がバディとなる話か。主人公の様々な思い込みが 空回りするコメディとしては、その主人公が中年というのは ユニークかもしれない。などと思っていると、題名通り、ズバリ、 いま編集者は漫画家にとって必要なのだろうか、という お題が主人公のアシスタントから投げ込まれる。


漫画家と編集者のそれぞれの立場の違い、それによるすれ違い。 主人公の思いを客観視するために、アシスタント仲間だった売れっ子漫画家と、 漫画を一切読まない主人公の妻を配置、カウンターとなる意見を提示する。 そうして、編集者とわかり合おうとしたところで、状況が一転してしまう。


うーん、ここで一巻終わるのか。確かに雰囲気変わるけど。 提示したテーマからしてこの展開でいいのか…。いたずらに ドラマチックにするのはどうなのか。 なお続刊発売済 →マンガに、編集って必要ですか? 2巻: バンチコミックス  この2巻、面白いんだよな…。


【データ】
青木U平
マンガに、編集って必要ですか?
【発行元/発売元】 新潮社 (2019/5/9) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ マンガに、編集って必要ですか? 1巻: バンチコミックス
ドラマ化された『フリンジマン』の実力派、青木U平が描く、中年漫画家と新米女性編集者の「打ち合わせ」コメディ。漫画家・佐木小次郎(45)はキャリア8年目の中堅漫画家。……と言えば聞こえはいいが、この出版不況、ここらで一発当てとかないと次がやばい、そんな正念場に立たされている。そんな時、新しく担当についたのは、マンガ編集1年目の新人女性編集者・坂本涼(24)だった……。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 青木U平/フリンジマン
■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/646PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM