都留泰作/竜女戦記


竜女戦記 1 (amazon), 竜女戦記 (honto)

■壮大な話ではあるのだが、大風呂敷のわりに 細かなエピソードがあまり興味がそそられないというか… 価格が価格だけに考えてしまう(Kindleはお安く設定されてますが…)

評価ある著者の新作は相応の出来栄えとかなりのスケールの話。 和風な歴史ものに見えるが架空の地を舞台にしたファンタジーで、 神話から言い伝えから宗教から作りこまれている。


主役は題名にあるとおり女性。芯の強い女性である。そして人妻であり子持ち。 それなりの家の娘だが最初の夫からは妹を所望され離縁され、 今は心優しい夫と暮らすが、夫の主君である家は一揆で討たれ追われる身である。


生きるため元夫を頼るが・・・といった生活のためのする話があり、 一方で夫は優しいが器は小さく立身出世など求めるべくもなく、 正直こまごまとしたエピソードの数々は辛気臭くて何を読まされているのかと 思わなくもない。ヒロインの性格が竹を割ったごとくにかなりすぱっとしているので 読みやすいが、だったら要らなくないか?というエピソードが色々と…。


物語としては器の話で、天下をのぞむ器と、そうではない器の話。 主君の先代がトリックスター的な存在として登場し、 ヒロインに執拗に天下を望むよう迫る。 巻末まできてようやく主婦が天下を取る物語だと提示されるわけだが… これ紙の書籍だと1200円+税別なのか…うーん…


読みたい話ではたぶんないんだよな、今後もきっと、という点で、 オススメはしません。力作なのは確かで評価も高いとは思いますが、 ちいと狂気に寄りすぎているんだよな…ヒロインがそれを見抜きながら それでも敢えてその狂気に乗る、という危ういバランスの作品なのが、 気になるところ。


【データ】
都留泰作
竜女戦記
【発行元/発売元】 平凡社 (2020/5/20) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 竜女戦記 1 , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 竜女戦記 , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
一介の武士の妻である「おたか」は、ある人物に導かれ人生の舵を切る…。主婦が天下を取る、壮大な歴史ファンタジーの幕が上がる!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】都留泰作/ナチュン

■当サイトの月間オススメはこちらから

君川優樹、がおう、つむみ/追放者食堂へようこそ! 〜最強パーティーを追放された料理人は、冒険者食堂を開きます!〜


追放者食堂へようこそ! 1 〜最強パーティーを追放された料理人は、冒険者食堂を開きます!〜 (ガルドコミックス) (amazon), 追放者食堂へようこそ! (honto)

■ダンジョン冒険譚の変形亜種、調理の才ある冒険者が食堂を 作る話。

冒険者話の亜種。ラノベ原作のコミカライズ。 なお転生ものではない。


一流の冒険者集団に属していた人物が罠にはめられて追放される。 彼をパーティーに誘ってくれた副隊長の女性が引き留めるが、 隊長にパージされては残るわけにはいかない。そうして彼は冒険者であることを 辞めるのだった。


しかしそもそもが彼は料理人、ただし冒険者としてのレベルは最上級、 そんなよくわからない存在であり、元の料理人に戻り食堂を開くことにする。 その食堂に来る客たちの相談に乗りサポートをする、 という話は、つまらなくはないが普通。


食堂のある街一番のパーティーとの揉め事が起きたところで巻またぎ。 彼をクビにしたパーティーの隊長の狙いは何か、 彼を訪ねてきた人物は誰で目的は何か、 といった話もちりばめられており、 読み進めれば面白くなるのだろうなとは思いつつ、 一巻は初心者の冒険者が増えるばかりで 同じようなエピソードが繰り返され展開は今一つ。


【データ】
原作=君川優樹、キャラクター原案=がおう、漫画=つむみ
追放者食堂へようこそ!  〜最強パーティーを追放された料理人は、冒険者食堂を開きます!〜
【発行元/発売元】 オーバーラップ (2020/5/25) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 追放者食堂へようこそ! 1 〜最強パーティーを追放された料理人は、冒険者食堂を開きます!〜 (ガルドコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 追放者食堂へようこそ! , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
最強パーティー『銀翼の大隊』を料理番として支えていたデニスは 卓越した人望と実力が故に、隊長の不興を買い追放されてしまう。 居場所を失ったデニスが、新たに選んだ道は"料理人"だった――
「冒険者としては終わったが  料理人としての人生は始まったばかりだ」
そして、同じく自分の居場所から追放され絶望していた 少女アトリエと共に、念願だった自分の食堂を開店する!
ここは『冒険者食堂』―― クセ者揃いの客たちも、至高の料理スキルで忽ち魅了。 さらに、持ち前の腕っぷしでお悩みまでも一掃します!!



■当サイトの月間オススメはこちらから

五辻みどろ/綴れのレグホーン


綴れのレグホーン (1) (ボーダーコミックス) (amazon), 綴れのレグホーン (honto)

■最果ての行き止まりの街で、生きようとする人と、 変えようとする人とが交錯するファンタジー。

都会で疲れた人の来る街、レグホーン。 電力所があり、染物とブランド鶏で有名。 ただし治安が酷いことでも悪名高い。 そしてこの街への鉄道は片道列車。 ここに来たら、出ることはできないのだった。


そこで街に来た新参者のガイドなどしている者と、 活火山に囲まれたこの街で防災対策を手伝いつつ 隠されている資源を活用しようと画策する研究者とが 出会う話。


都市国家の掃きだめ、行き止まりの街、というシチュエーションで 描かれるファンタジー。 そもそも片道列車という概念が意味不明であるが。 来た列車どうするつもりやねん…。 首のない鳥、Mike the Headless Chickenって実例はあり、 作中でもマイクと名付けられているので知ったうえでのモチーフのようだが、 サクライケンタ氏がMaison book girlに書く詞のような世界観でもあり、 そんな混沌とした話。


変な世界が描かれているのでなんとなく読んでしまうが、 大きな物語はまだ見えない。 都市が牛耳る世界の中で抑圧されていた側が革命なり一発逆転なりを起こす 話、になるのかな。その割に陽気でノー天気な雰囲気だが、 このままで話を動かせるのかどうかがカギ。


面白いかどうかというともう少し読んでみないとわからない、 というのが正直なところ。


【データ】
五辻みどろ
綴れのレグホーン
【発行元/発売元】 リイド社 (2020/5/22) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 綴れのレグホーン (1) (ボーダーコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 綴れのレグホーン , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
世界の最果て、無法者の街で奇妙な冒険が始まる ノスタルジック・ファンタジー!!
ある日、都会での生活に疲れ果てた地質学者 グィジー・グーは、無法者が集まり、火山噴の危険度MAXな最果ての街、レグホーンの求人広告を見つけ、街へと向かった。 街を知るために、街のツアーガイド・コウが企画する「レグホーン一周ツアー」に参加するも、その最中にも無法者が集まるレグホーンでは凶悪な事件が勃発。 これを機に、グーはレグホーンのおかしな日常に巻き込まれていく。
唯一無二の個性派デビュー!
五辻みどろ 2018年秋期ゲッサン新人賞(小学館)にて奨励賞を受賞した圧倒的個性派。



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】bose、下内遼太/XEVEC


XEVEC(1) (週刊少年マガジンコミックス) (amazon), XEVEC (honto)

■【オススメ】近未来、法が物理的な力となって市民を守る都市。 そこはユートピアに見えたが、実際にはディストピアにもなりうるのだった。

西暦2057年、東京湾に造成された都市を舞台にした話。 そこはある企業が作った超法治都市。 法が物理的な力となりすべての人を平等に守っている。 街全域に広がった粒子ロボットが常にモニターし量子マザーコンピュータのAIである XEVECとリンク、トラブルがあれば即時に厳正かつ公平な採決を行う 仕組みになっているという。そうして裁判の自動化、訴訟のスピード化 がはかられ、犯罪への抑止力となった。そんなユートピア、だと思っていた場所は、 実はディストピアにもなりうるのだった。


高校生の女の子は法曹志望。あこがれていた姉はこの街の管理局に 配属されていた。しかし話があると呼ばれていった部屋で、姉は殺されていた。 そこに急行した者たちに、妹である彼女が殺人犯として裁かれかける。 法は利用の仕方により相手を合法に追い込むことができるのだった。


そこに救いに入る人物が。彼は、姉に事前に依頼を受けて、妹を守るために 動いていたのだった。この街では特権を得る者も存在し、 ヒロインを襲う側も、守る側もその特権者。そうして、法に則った街で どうふるまいアドバンテージを奪うかの戦いが繰り広げられていく。


ディストピアSF話で、法がスピーディに執行されることの是非、 法が支配することの善し悪しがスリリングに展開される。 一方、亡くなった姉が妹に託したのはどんな情報であるのか、 が物語の大きな柱となり、それゆえヒロインが狙われ続けることになる。 ある種の推理サスペンスでもある。


風呂敷を広げている分、大げさかつ大雑把で稚拙に見える部分もあるが、 少年漫画として考えるならば充分な出来なのではないか。


【データ】
原作=bose、漫画・漫画原作=下内遼太
XEVEC
【発行元/発売元】 講談社 (2020/5/15) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ XEVEC(1) (週刊少年マガジンコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ XEVEC , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
2057年。東京湾に浮かぶ人工都市ヘミスフィアは、”法”が物理的な力となって人々を平等に守る量子AI”XEVEC”システムを導入し、あらゆる不正を一掃した。ヘミスフィアは、”理想郷”。正しい人が正しく報われる、恒久の平和が保証された超法治社会。そう思っていた。あの事件が、起こるまでは――。近未来の街で巻き起こる犯罪に立ち向かえ! 己が正義を勝ち取る為に! 物理的法廷バトル、開廷!


■当サイトの月間オススメはこちらから

音羽さおり/青色ピンポン


青色ピンポン(1) (講談社コミックス) (amazon), 青色ピンポン (honto)

■王道の運動部ものに難病ものを混ぜるが、主人公の 病気の設定は独特で上手い。

姉にこき使われる弟は今度入学する高校を見学することに。 そこで卓球部の練習風景に魅せられ、入部を決める。


王道のスポーツもの。才能と努力で皆が切磋琢磨し成長していく話。 あんまりテクニカルな感じはせず、バストアップの絵が多いのだが、 話運びのスピードが適切なのでするっと読める。


部内での代表決定戦に入っていくが、主人公は 自分のことに精一杯で他の部員や力関係をよく知らない、 とする設定は上手い。


なお主人公は難病にかかっているとの設定も。これが記憶を失う設定で、 なので全部忘れても残るものが欲しい、身体に刻み込ませたい、という一心で 技術を身に着けようとしているのは、この手の病気ものの設定として なかなか秀逸。


ところでこのペンネームで他社で描けるの?(ダメってことはなかろうが)


【データ】
音羽さおり
青色ピンポン
【発行元/発売元】 講談社 (2020/5/15) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 青色ピンポン(1) (講談社コミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 青色ピンポン , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto

その春、久々守秋人は高校入学を控えた15歳だった。 徐々に記憶を失っていく病におかされた秋人は、理心高校の2年生・夏目遥と、彼の身体に刻み込まれた“卓球”に出会った。 「美しいと思った」「どうしても欲しいものができた」…。だって、脳がすべてを失っても、肉体は“それ”を忘れない。だから、これは。 すべてを懸けるに値する出会いだった━━。 決して忘れ得ぬものを手に入れるため、初心者・秋人の挑戦がはじまる。


■当サイトの月間オススメはこちらから

吉良いと/ようこそ亡霊葬儀屋さん


ようこそ亡霊葬儀屋さん 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) (amazon), ようこそ亡霊葬儀屋さん (honto)

■幽霊が視える葬儀屋さんのお話。

28歳の若き葬儀社社長。彼は、葬儀で送り出す故人の幽霊を見ることができるのだった。


幽霊の世界では、最後の願いを叶える葬儀屋がいる、として有名だと。霊が見え、会話もできる彼は、残された人のために、故人の思いを伝えようとする。そんな人情ものである。


話としてはオーソドックス。ある種の異文化というか異次元コミュニケーションの翻訳もの。 彼の葬儀を経験して、彼のもとで働きたい、と志願する遺族が次々と登場する展開は面白い。最初の一人はありがちだが、それ以上に増えていくとは。


基本的には良い話だが、社長の周りに彼の能力を信じている者がおらず 邪険にされてもいる、という設定はよくわからない。先代の会社を継いだ子供なのか、 と思ったが、メディアでもよく取り上げられているモデル兼会社経営者という兄がいる。 兄の会社もメインは冠婚葬祭、そして兄自身も霊が見える。ただしそれを現世で生きる人に 心地のよい部分だけを切り取って捻じ曲げて伝えているため、 弟である主人公は兄と縁を切っているのだと。…なんだその設定…。


小さな葬儀屋の話として仕立てていたら気にならなかった部分が 中途半端に大きく風呂敷広げたためにちょいちょい引っかかる。


【データ】
吉良いと
ようこそ亡霊葬儀屋さん
【発行元/発売元】 集英社 (2020/5/13) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ ようこそ亡霊葬儀屋さん 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ ようこそ亡霊葬儀屋さん , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
死者の魂をその瞳で捉え彼らの悲しみや後悔、そして残された人々にそっと寄り添う男がいた。これは、最期の願いを託された彼が営むある葬儀屋での物語。


■当サイトの月間オススメはこちらから

蜜浦ミノル/ザ・ボルダー


ザ・ボルダー(1) (講談社コミックス) (amazon), ザ・ボルダー (honto)

■熱のある少年を主人公にしたボルダリングもの。

ロッククライミングに魅せられ、近所にある難関の岩に挑み続ける少年は中学3年生に。 その岩を目指してきたボルダリング父子に、そうした登るべき壁はいたるところにあると 聞き、少年の世界が広がるのだった。


小学6年からずっと同じ岩に挑むというのは、熱狂している証拠だろうが、 しかし、今の時代もう少しなにか勉強なりなんなりと思うが…地方で母子家庭という 設定ゆえと考えるべきなのか…。


諦めない力、熱は伝わるスポーツもの。岩登りに魅せられた少年が、 スポーツボルダリングの世界を知る。同い年のライバルがおり、その一年上には スーパースターが。ジムを運営するライバルの父が主人公の才能というか 熱を見抜いて導くメンターとなっており、資質ある人物が環境に恵まれたなかで 成長していく物語。


登場人物の性格がみな、いい抜けかげんで人が良く、 一方で負けん気も強くて、良い配置。でもヒロインの設定が話にうまく絡まない 立ち位置で微妙。このあとも彼女を絡ませていくつもりなのか? ボルダリングの世界は女子もいるので、普通に競技者を出して差し替えていったほうが 良いのでは。ただそれだと読者視点の人物がいなくなってしまうか。 主人公が成長してくると面白い話になってくると思うので、 続刊に期待。個人的にはスポーツクライミングをみるのが好きなので この作品には頑張ってほしい。伊藤ふたば選手、今年絶好調だったんだけどなぁ…いい休養になってるなら良いですが。


【データ】
蜜浦ミノル
ザ・ボルダー
【発行元/発売元】 ※電子版で購入
■購入:
amazon→ ザ・ボルダー(1) (講談社コミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ ザ・ボルダー , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
口下手で無骨な少年・山咲清一郎は、通称“ゴジラ”と呼ばれる岸壁を登攀することに無我夢中。何度落ちようと決して諦めず、来る日も来る日も登り続けていた。そんなある日、彼の前に若きクライマー・内匠拓登とその父・澄邦が現れる。2人との出会いをきっかけに、秘められた才能を開花させ、これまで以上に登ることの喜びを知った少年の運命は大きく動き出す! 成長と挑戦の灼熱ボルダリングロマン開幕!!


■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/657PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM