映画『ミックス。』


●映画『ミックス。

おセンチな部分が邪魔、もっとスピーディに展開できたら傑作になっただろうに、などいろいろ言いたいことはあるが、面白かった。基本的には、ガッキーかわいい、瑛太かっこいい、という映画。

母親に強制され卓球をやってきて、そこそこの実績は残すもそこそこ止まりだった少女は母の死とともに卓球にサヨウナラ。それから15年、不器用ながら普通にOLをやってきたが、昔から気になっていた天才卓球少年が人気選手として自社の卓球部に所属。彼とおつきあいすることになり、幸せの絶頂だったが、彼は新たに入部した女子選手とミックスダブルスを組むことになり、それはプライベートにも波及して、そこでヒロインは退職して実家に戻る。

そんな彼女のリベンジ話、だが周囲の人物も含めた皆の再生の話になっている。きちんと向き合えば報われる、という話なのは良いと思う。割り切れ、振り切れ、というメッセージは、正しい。

上手だな、と思ったのはツイスト部分。障害のように見えて実は障害ではない、という設定はハーレクイン同様。勘違いをうまく組み込み、観客にバラすことなくディレクションしていったのは、それが物語の本筋ではないからこそ許された手法で、話の筋を複数走らせたゆえのメリットだろう。


『セッション』を見ました。


セッション

映画のレビューする前にマンガをせいやと言われそうですが、今夜の更新はこちらのみとなりますあしからず。しかも深夜2時にアップしてどうすんねんって話ですが・・・。



緊張感あるが大味な一品。矛盾している?いや、タイトな人間関係は緊張感あり、巧い。一方で、そんな教育者がいるか、そんな指導があるか、そんなチャンスが来るか、というツッコミポイントも多彩。その両者を表現すると、そういう矛盾した文章になってしまう。つまり、題材の設定がおかしい映画なのである。バンドの話、であるとすれば、バンドはチームのハズなので、しかしそのバンドのなかで他を蹴落とすような物語を展開されては、話としてまとまるはずがない。だが本作はそこに全く触れることなく話が終わる。なので、傑作ではない。



『バードマン』もそうだったが、ジャズ・ドラムは映画を盛り立てる。その意味でビッグバンドジャズを題材にしたのは良いのだけれど、反面、この映画で描きたかったことは音楽ではない。寧ろ宗教や信仰の隠喩として教育を舞台にしたのであって、洗脳と解脱がテーマである。自分の理想を押し付け締め付ける指導者に対して、その教えに従わなければいけないと思いつつも父の教えも浸透している主人公は、もがいた挙句、自分を出して抵抗する。しかし本来彼がすべきことは自分の道を進むことであり、洗脳下のなか他の生徒とは違う反応をするものの、リアクションにすぎないままで一旦は挫折する。しかし、最終的には敷かれたレールから外れ自分の道を行くことで、洗脳を振り切る。そんなガチンコ勝負の話なのである。



が、題材とお膳立てが悪かった。なので菊地成孔と町山智浩が論争する事態になった。まぁこれがギャガの仕込みだったら感心するが。もしそうなら皆墓の中まで持って行くように。実際、映画館はキャパ小さめとはいえ満席ソールドアウトで、日比谷みゆき座の日曜最終回19時30分が早々に売り切れというのは凄いことなのだ。銀座の日曜最終は鬼門のハズなので。



ちなみに論争は意味があると思うけれど、その前に根本的に知っておくべきことがある。まず、映画では題材となっている分野をまっとうに描写できていることなど殆どない。とはいえそれをプロの目で指摘するのは大事。公開前にネガティブな情報を出すのは営業妨害かもしれないが消費者には親切かもしれない。一方でポジティブな情報を出すのは営業支援にはなるが消費者にとっては騙しに等しい場合もある。影響を与えることが罪なら、評論家は皆罪人だ。ポジティブな評価はよくてネガティブな評価はダメ、というのではダブルスタンダードである。まぁそもそも日本で公開前でも本国では既に公開済なわけで、そういうもののレビューをしてはイケナイというのは、フィギュアスケートの結果が既に出ているのに地上波テレビの放送まだなので報道差し止める、みたいな、お前の勝手な都合にすぎないよね、という話ではある。その辺突き詰めると日本でも同時公開を、みたいなことを言い出す人がいるけれど、そうではなくて、タイムラグのある日本では良作が良い思いを出来る、という図式なので、本来良い洋画ばかりが優遇されるはずなんですけどね。



なお菊地氏・町山氏に共通するのは、メディアに出ているくせにアウトサイダーを気取っていることの居心地の悪さである。桑田佳祐氏が叩かれた事態にも似ているけれど、反体制派と思っているらしいあなた方は最早権威であって立場的に叩かれる側の人なのにそのことへの自覚がない、ということだろうか。大衆と同じと擦り寄る時点でポピュリズムであって、ロックでもジャズでもパンクでもないんだけれど。そもそも商売として5年10年成り立っている人が、影響力ないとか権威がないとかいうのは、業界の上だけを見ている証拠で、消費者見てないんだなぁ、と思う次第である。別にそれで批判したいとか非難したいとかではないんだけれど。寧ろ大変だな、という印象が強い。



ところで映画に戻ると、教師はヘミングウェイみたいなものかなぁ、と思って見ていた。あの人のマッチョ思想は、自分の中の女性的な要素を消したいがため、という話だったわけで、他人をゲイだなんだとくさす奴が一番ゲイ臭い。人のことバカっていうやつがバカなんです、ってのは実は真実をついているのだ。

映画『セッション』公式サイト


『攻殻機動隊ARISE』イッキ見

●TOHOシネマズ新宿に「攻殻機動隊ARISE 1〜4」を見に行く。理由は3つ、1つは1しか見ていなかったARISEをまとめて見ることのできる機会だから、2つめは坂本真綾が登壇するおまけつきなので、3つめは新オープンの歌舞伎町のTOHOシネマズを訪れるチャンスだったから。ただ一点、終了が24時30分予定と中途半端な点は気になっており、その時間設定もあってか客の入りは満杯とはいかない。

ゴジラが頭上にいるTOHOシネマズは、勝手な想像では歌舞伎町の噴水広場の方に入り口があるものだとばかり思っていたが、新宿から歌舞伎町一番街のゲートくぐってまっすぐ進んだ、その目の前にあった。坂本真綾さんは来週さいたまスーパアリーナ公演あり。日本のシンガーのなかで一番声が好きかもしれない。ARISEシリーズは9課発足、というか9課自体はあるのだけれど草薙素子のチームができるまでの話。結構、素子の脇が甘いというか隙があるな、というのと、絵が一部ギクシャクするんだよなぁ、というのを除けば、コーネリアスの音楽も相まって非常に格好良く、しかも話数重ねるにつれてオープニングとエンディングの練度が増していくという素晴らしさ。「攻殻機動隊」シリーズの世界観をわかりやすく提示してくれていると思います。

ところで終映は20分ほど早くなったので、深夜バスを考えるまでもなく終電よりも前に帰ることができました、というのはありがたかった。


『幕が上がる』試算

●『幕が上がる』が週末ボックスオフィスで7週目にして19位に浮上、42スクリーンは前週比半減も興収は1.8倍。ただし単価1860円でほぼ舞台挨拶のドーピング効果に引きずられた形。累積は24万動員で3.6億円、単価1483円は映連の平均入場料金が1285円であることからすれば高めで舞台挨拶効果大。

ええと、舞台挨拶2000円の人数がどれだけいたか、を計算すると、
【2000円*舞台挨拶動員+1285円*その他=1483円*240886人】
という式になるので、
【舞台挨拶動員=240886人*(1483円−1285円)÷(2000円−1285円)
=240886*198÷715=66,707】
そんなに?と思ったけれど、500人で割ると132という数字が出てきます。3/15まで全127館行脚、と言っているので実状に近いかと。
舞台挨拶:その他の比率は ≒28:72ですね。

舞台挨拶除くと動員17.4万人で興収2.2億円というところが映画としての正味でしょうか。

なお興収4億円というのは公開規模考えれば悪くないんじゃないでしょうか。とはいえ充分という感じではないですかね。特典つけて円盤売る、ということが出来るのは強みですが、ドキュメンタリーやはじめてのももクロあるいは舞台版なんかも円盤化するのが良いのでしょう。ただしその際、後出しボックス化はやめて、最初にどどんと豪華な版出してもらわないとファンは嫌気さします。

あと映画は佳作だと思うので、エバーグリーンにするには、どこかでロングランしてもらうとか定期的な再上映を行うとか考えて欲しいところ。できれば聖地を作った方がいいです。


『バードマン』を見ました。

●映画『バードマン』 他人の評価なんて当てにならないし意味がないから気にするな、という、欧米人が悩むアイデンティティの問題を扱ったブラック・コメディである。映画人が演劇の世界を目指し、演劇や批評の世界から低く見られつつ、結局スーパーリアリズムでゲイジュツをひっくり返すという 皮肉な話。くそみそ一緒というか、文化芸能なんて同じ穴の狢にすぎないという内容を映画人が評価するって風景もイカれている。主人公は超能力を持っているようだがそれが一切意味のある形で機能しないのもクレイジー。長回し1カットのように見せるカメラワークは、単なるBGMとしてではなく映画にしっかり組み込まれた音楽同様、観客を作品世界にどっぷり浸け込むという点で秀逸だったと思う。 面白かったけど変な映画。 → 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』公式サイト


『幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦』を見ました。

●『幕が上がる』のドキュメンタリー、『幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦』を見る。演劇を志す高校生が見ると面白いかもしれない。モノノフには寧ろテレビでやっていた「はじめてのももクロ」のほうが盛り上がる。が、そちらも生粋のモノノフには当たり前の内容かもしれない。 ところで『幕が上がる』だが、3週め土日を終えておよそ興収3億円。同時期公開の『くちびるに歌を』に比べて公開規模が半分だが興収は同じ。とはいえ後者の成績が酷すぎるとも言える。そして、単価が1500円オーバー。普通は1300円程度なのだが、これはおそらく舞台挨拶が引き上げたのだろう。舞台挨拶つきは2000円。ということは1300:2000≒7:3。興収3億円で単価1,500円なら動員は20万人。舞台挨拶つきの映画鑑賞者は6万人。シングル初動が6万枚程度なので、つまり、そういうことか。


『幕が上がる』

幕が上がる 』 平田オリザ原作、本広克行監督と、下手なことになっている危険性もなくはないのではないか、と危惧していたが、ふつうに良い映画で安心した。アイドル映画というよりも青春映画。赤・黄・緑推しには良い映画、しかし桃・紫ファンにはどうだろう。

演劇部を通して描く少女の成長譚。主演のさおり=百田夏菜子が悩んで育つ様にフォーカスした話で、見やすい。一方で、主人公自身もそうだが、他の人物は掘り下げが殆どない。だからこそ物語をじっくり描く余地が生まれていて結果的には良いのだけれど、演目自体は当然部分的に摘んで見せるほかないことも相まって、話の展開の唐突さ、佳作なんだけれど物足りない、という気分になってしまう。

しかし、演技は自然で、百田夏菜子は凄い。ちなみに予告編の部分は本編にもあるが、そういう内容ではない。そもそも最初に燃やそうとしている台本にサマータイム〜ならぬウィンタータイムマシーンブルースとかなんとか書いてあるように小ネタ満載。しかしそれが小ネタで終わってしまっているのは、本編を侵食せず崩さないで済んだ一方で、カルトな作品になることを放棄してしまった。軽快なコントのようなスピーディなやりとりの部分も、一部あるだけで、それを膨らました映画とはならなかった。れにちゃんの役は一番存在感がなかったが、これは本当は卒業する先輩にあてるべきだったのではないか。とはいえその役はれにちゃんでは荷が重いか・・・。本作は多分にももクロメンバー5人の本質を活かすという要素も前提にあっただろうから、れにちゃんが空気になってしまうのは致し方ないところかもしれない。


| 1/2PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM