Maison book girl 「Solitude HOTEL 4.9F」@東京キネマ倶楽部

Maison book girl 「Solitude HOTEL 4.9F」@東京キネマ倶楽部 adv.¥4,000+1drink(¥500)

●彼女たち(ブクガ)に、ライブハウスは狭すぎる。


cotoeri

【ライブレポート】「4.9F」から「5F」へ!Maison book girl、キネマ倶楽部ワンマンから新たな一歩刻む - 音楽ナタリー


・いま好きな音楽を突き詰めるとそれはどこかのアイドルユニットの やっていることが一番ぴったり来る、という時代である。音楽の細分化したアイドル方面では、好みの音に、可愛い女の子たちが歌って踊る パフォーマンスつきなのだから、パフォーマンス力に欠けるバンドの ライブを見るよりもハマりかげんは大きくなる。

・加えて今回のパフォーマンスは、30分ノンストップ、MCの後に40分ほどノンストップで駆け抜けて本編終了。アンコールで初めて明るいライティングとなり告知含めたMCもあったが、濃度の濃い1時間半で、好みのライブパフォーマンスに近かった。

・メゾンブックガール(ブクガ)は2,3度、イベントで見ていた。ライブハウス向きね、という印象があったが、前回、sora tob sakanaの中野サンプラザ公演でそのイメージを改めさせられた。ホールのほうがより向いているのかもしれない。彼女たちの世界観は、ライブハウスに向いていそうなアーティスティックなものだが、いや、そういうものはもっと広いところで発散させたほうが別の化学反応が起こるのではないか。

・前半は昨年12/28の日付で表示される時計にあわせて展開。昨年末のワンマンライブ「4F」の延長、ということなのか。MC後まで持ち越したうえで曲間で日付が書き換えられる演出。以降は時計表示が消えた。 映像を含めた総合芸術。他のユニットを経験したのちに立ち上げた、という経緯のあるグループは、目指すものが明確。とはいえ実のところ、後半で見ていてちょっとだれてしまった。何がどうというわけではないのだけれど。これがホール公演では変わってくるのではないか、 という思いも込めて、 6/23の日本青年館はホールで何を見せてくれるか、という点で期待大。

・しかしその前に彼女たちはUKツアーに出るらしい。なんだそりゃ。 こういう経緯か。 →イギリスでJ-POPレーベル・Read The Air Records設立、第1弾はMaison book girl(動画あり) - 音楽ナタリー



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM