縞田理理、みよしふるまち/台所のドラゴン


台所のドラゴン 1 (MFC ジーンピクシブシリーズ)

■ドラゴンというファンタジー要素を現実に混ぜるとなると、 舞台設定はやはり現代というわけにはいかないらしい。

1980年代の東欧を舞台に、 美大入学には失敗したが賞の副賞で留学の権利を 手に入れた画家の卵である日本人の少女を描く話。


異国で何かを学んでいく少女を一方の軸にしつつ、 物語の主軸は題名のとおり、彼女が借りて住む 家で卵からかえったドラゴンとの共棲。 トカゲのように見えたが火を噴いたことで 少女はこれはドラゴンなんだなと理解している。


異種生物交流ものファンタジー、という感じだろうが 一巻の時点ではペットものとあんまり変わらないのでは? という感じ。ドラゴンは可愛いが、家の外まで 話が広がらないので、読み手としてはまぁ愛でたい もののどういう感じで読んだらいいのかなと 戸惑う。


あまり目についてはいけないキャラクターである、 という点が今後の焦点にはなるのだろう、 一巻巻末ではその素振りを見せて終了となる。 雰囲気は良いが、とはいえ、雰囲気ものにとどまり、 なんとも評価しづらい。


【データ】
原作=縞田理理(しまだりり)、漫画=みよしふるまち
台所のドラゴン
【発行元/発売元】KADOKAWA / メディアファクトリー (2018/3/26) 【レーベル】MFC ジーンピクシブシリーズ 【発行日】2018(平成30)年3月26日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 台所のドラゴン 1 (MFC ジーンピクシブシリーズ)
1980年代、東欧。日本人留学生・ののが買ってきた卵から孵化したのは、トカゲのような生き物。成長するにつれて、伝説のドラゴンに近づいていき…。一人と一匹が暮らす、欧州舞台日常ファンタジー。


■当サイトの著者他作品レビュー
みよしふるまち/東京ラストチカ

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM