【オススメ】 三枝えま/我楽多郷の借金ガール


我楽多郷の借金ガール(1) (シリウスコミックス)

■【オススメ】少女ヒロインの借金返済もの? と思ったが、表紙絵の通り捻った内容で 想定と違い面白い異世界ファンタジーだった。

ヒロインの女子高生は追っかけをしていた アイドルの熱愛発覚報道に、グッズを 売ることを決意する。しかしゴシップの おかげで買値がつかず。そこで ふと見つけた自動査定機に放り込むと 支払われたのがわずかに2円。 なんで!グッズを返して!と自分が中に 入り込むと、出た先は異世界だった。


ケモノミミの人間が、おおきなアメンボの ようなものを狩っている世界。 いろんな世界のガラクタが集まって売買される 我楽多郷というところであるらしい。 日本語が共通言語、ただし文字は異世界の ものなのでヒロインには読めない。 不法に来る者も多いので異民税がかけられており 一人1000万円の容易が必要。 なお日本のガラクタは評価が高い、という 様々な条件設定は主人公に有利なものになっているが、 この手の異世界ファンタジーはハードSFのようなものなので 特に違和感はない。


面白いのは巻き込まれパニックもの設定ながら 主人公が極めてポジティブ、かつすぐ状況に馴染むこと。 日本人、という利点を活かし、皆が使いかたも 文字も読めないものを彼女が次々解明翻訳することで ガラクタをばんばん売りまくり、 襲ってくるアメンボもガラクタと知識を駆使して 退治するという、なんか凄い話が展開されていく。


ヒロイン無双な話だが、スピード感があってメチャクチャ面白い。 題名から想像する話と違い、ガンガン稼ぐぜ!という テイストに魅力を感じた。


【データ】
三枝えま (さえぐさえま)
我楽多郷の借金ガール
【発行元/発売元】講談社 (2018/5/9) 【レーベル】シリウスコミックス 【発行日】2018(平成30)年5月1日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 我楽多郷の借金ガール(1) (シリウスコミックス)
ドルオタ女子高生・ミワが転移した先は、さまざまな世界から集まるガラクタを売り買いする不思議な異世界!?突如として借金1000万円を抱えることになったミワ。収入源になるガラクタの入手方法は怪物を倒すこと!元気と推しへの愛だけがとりえのミワが、怪物をさばいてガラクタを売りさばく、ドルオタJK流・異世界サバイバル借金生活…!



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM