【オススメ】 小坂俊史/ゆとりの町長


ゆとりの町長 (まんがタイムコミックス)

■【オススメ】田舎町の町長選挙、という 絶妙な題材を扱う一巻完結もの4コマ。

東京から故郷に帰ってきた女子。 町長はずっと変わらず無投票の状態、 町民も無能と思っているが替わりに立ってくれる 人もなく。そんななか、東京でバリバリ 働いていたが彼氏と袂を分かった人物も 町に帰ってきており、町長選立候補を企図しているという。 彼女が町を変えるかも、とヒロインがお手伝いをしようと した矢先、支えるべき人は東京に帰ってしまった。 そこで彼女はちょっとした勘違いから、 自身が町長選に立候補することになる。


ノーアイディアだがフットワークの軽い ヒロイン。もちろん参謀は必要なので、 ツッコミ役はつく。 目指すのは、東京に戻りたくなくなる町。 とはいえ何をすればいいのかはわかっていないので 空回りをしまくるが、行動はなんだかんだで 種まきにはなっているのだった。


小さな町の抱える問題を描きつつも、 町長選までを描く主人公の成長譚なので 話はゴールに収束していく展開。 それはそれで面白いのだが、 あとがきを読むと当初はひょんなことから 当選してしまった新人町長が公約のつじつま合わせを しようとする話だったようで・・・ 正直そっちのほうが読みたいです。


【データ】
小坂俊史 (こさかしゅんじ)
ゆとりの町長
【初出情報】まんがタイムオリジナル(2017年〜2018年) 【発行元/発売元】芳文社 (2018/8/7) 【発行日】2017(平成29)年月日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作)
■購入:
amazon→ ゆとりの町長 (まんがタイムコミックス)
どシロウトの無職女子は 町長になれる…のか!?
東京から故郷に戻ってきて町長選に立候補することになった町本ゆとり(24)。 お金も組織もない状態で彼女にあるのは若さと無謀さのみ。 いろんな世代と触れ合うことで町への愛着も感じ始めながら活動を続け、いざ選挙へ!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 小坂俊史/まどいのよそじ −惑いの四十路−
【オススメ】 小坂俊史/これでおわりです。
【オススメ】 小坂俊史/月刊すてきな終活
小坂俊史/とびだせ漂流家族
【オススメ】 小坂俊史/ラジ娘のひみつ
【オススメ】 小坂俊史/れんげヌードルライフ
【オススメ】小坂俊史/わびれものゴージャス
小坂俊史/球場のシンデレラ
【オススメ】 小坂俊史/遠野モノがたり
【オススメ】 小坂俊史/わびれもの
【オススメ】 小坂俊史/中央モノローグ線
小坂俊史/やまいだれ
【オススメ】小坂俊史、重野なおき/ふたりごと自由帳
【オススメ】 小坂俊史/サイダースファンクラブ

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM