「眉村ちあきのロフトヤッター!ツアー!エクストラ!〜そして伝説へ〜」眉村ちあき vs トリプルファイヤー @下北沢シェルター 

「眉村ちあきのロフトヤッター!ツアー!エクストラ!〜そして伝説へ〜」眉村ちあき vs トリプルファイヤー @下北沢シェルター  adv.¥2,500+1drink¥600

眉村ちあき「ロフトヤッター!ツアー」追加公演決定、トリプルファイヤーとツーマン - 音楽ナタリー


トリプルファイヤー 。実は初見。音は本当に好み。ギターの鳥居真道 氏のアレンジはオシャレ。オフ・ヴォーカル、インストで聴きたい。

歌は、ねぇ…いや、きちんと歌詞が聞き取れるってのは凄いと思う。 終いには慣れてくるのも確か。ただ、この歌詞だとしても、バックの音に寄せて格好いいポエトリー・リーディングで、ところでなんて歌ってるんだろう?みたいなほうが、個人的には好みなんですが。まぁでも吉田さん人気者ですからねぇ。


眉村ちあき 。早いとこ見といたほうがいいだろうなということで。既にロフトでワンマンやってる人がなんで対バンでシェルターやねん、と思いますが。才能あるのは確か。印象は、大森靖子と水曜日のカンパネラのハイブリッド。歌は格段に上手い。が、バリエーションありすぎて、なんだかよくわからん。そもそも私は何を目当てに来たのだったか…と自問する次第。

即興で歌うアドリブ曲は、共演者のやった歌を絡めることもでき、これは強み。一方で、弾き語りすればステージに釘付けとならざるを得ず。ギター捨てれば動き回れるが、そうすると水カンと比べてどうよ、ということになる。

なんでも眉村さんが楽しくやっているから良いのだが、バックトラックの音の悪さには辟易。その前のトリプルファイヤーの音が絶品だっただけに、なんでこんな対バン組んだのよ、と思わなくもなかった。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM