【オススメ】 ゆずチリ/漫画学科のない大学


漫画学科のない大学 (1) (サンデーうぇぶりSSCS)

■【オススメ】 上手いのか雑なのかわかりづらい話運びだが、 これでこの後マンガテクニック話になるのなら 異色作になると思う。

主人公は東大に合格するが、本人は、 東大は入りさえすれば後は好きにしていい、と思っており、 勉強をするつもりもなく就活するつもりもない。 彼はいち早く漫画家になることだけを考えているのだった。


そんな彼を主人公として話を展開させる上で、 本作は脳内彼女を具現化することで女っ気とバディものとを 勝手に両立させる。マンガを描くためサークルには入るので、 大学に行く意味はなしではない。


本作が面白いのは、本気でマンガで食っていこうとする人が、 理論立ててマンガに向かおうとしているところ。 がむしゃらな話ではなく、おちゃらけで逃げるわけでもない。 新人賞の応募作は、受験と同じだ、判定ランクと 自己採点が両者では似ている、という観点。 マンガは読みやすさが重要だという話と、 それでも読者を惹きつけるのは絵だという話。 新人にはすごそう感が大事だという話。 その続きは持ち越されてしまうので、 2巻が出るのが待ち遠しい。


巻末のコマ割りの話など、こういうテクニカルな 話を突き詰めて描いてもらえると現代のマンガ読本に なるのだが、そこだけに特化していないからこそ 読み物に仕上がっているので、この路線で続いてほしいところ。


【データ】
ゆずチリ
漫画学科のない大学
【初出情報】サンデーうぇぶり(2016年〜2017年)ゲッサン(2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2018/10/12) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→漫画学科のない大学 (1) (サンデーうぇぶりSSCS)
実録!東大生…漫画家を目指す!
春―――見事に最難関・東京大学に合格した男、くずチリ。 彼の将来の夢は、官僚になることでも、大企業に就職する事でもない。 彼の野望はなんと……「漫画家になる」こと!?!?


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 ゆずチリ/忍者シノブさんの純情

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM