【オススメ】 川端志季/世界で一番早い春


世界で一番早い春(1) (KC KISS)

■【オススメ】先輩の遺した設定ノートでマンガを描いてきた 女性。ネタが枯渇した彼女は絶望の後、ふと気づくと、その 先輩が生きていた高校時代にタイムスリップしていた。

大ヒット作品を世に出した漫画家。しかし彼女は編集者に、 私がつくった作品ではない、との手紙を送る。実際、その作品は 高校時代の部活の先輩が遺した設定ノートを元にした ものだった。自分では一から作品はつくれない、 少なくともこんな面白い作品は、と思う彼女は、ふと 転んだ瞬間に、高校の頃にタイムスリップしていた。


持病があり余命が短い先輩と生存時に再会したヒロインは、 大人となりプロの漫画家となった実力と経験を持ちながらの 高校生活となるので、過去をトレースするだけでなく 力技で変えていく。その根本は、自分のデビューを見ずになくなった 先輩にきちんとデビュー作の誌面を見せたかったから、 という思い。


ヒロインの勢いと思い込みで一気に見せるが、よくよく 考えれば現在のヒロインの立ち位置に関しては全く 関係なく展開されるタイムスリップ。そして、 バタフライ・エフェクトにより最初の人生とは異なる タイム・パラドックスが発生。そのうえで、 更なるループに入るという、リプレイ状態。


なぜこんなタイムスリップが起こるのか、 その出口はどこにあるのか、というとヒロイン自身の 自信というか問題と繋がってくるのだろう、 一巻はまだそこまでの話にならないまま終わっているのだが、 その序奏部分を面白く見せるのは著者の腕。 本題は続刊だろう、ということで今後の展開に期待大。


【データ】
川端志季
世界で一番早い春
【発行元/発売元】講談社 (2018/10/12) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 世界で一番早い春(1) (KC KISS)
晴田真帆は大ヒット作を完結させた26歳の漫画家。いよいよ新連載を始めるはずが、突然、担当編集の嵐に「何も描けない」と告白する手紙を送る。実は真帆が描いてきた漫画には秘密があり、彼女の心には「ある後悔」が残っていた…!!もしもあの時をやり直せるなら……。その想いが全てを変える、タイムスリップストーリー!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 川端志季/僕のオリオン
【オススメ】 川端志季/箱庭のソレイユ
【オススメ】 川端志季/宇宙を駆けるよだか

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM