【オススメ】 今井大輔/パッカ


パッカ (1) (ビッグコミックス) (amazon), パッカ (honto)

■【オススメ】爽やかな青春譚に、自然に混ぜ込まれる河童要素… どんな話やねんと思いつつ、読み始めるとするすると読めてしまう。

高校の水泳部が舞台。中学時代エースだった少年だったが、 ここではかなわない女子がいた。特別な才能がないと知ったとき、努力するより 諦めるのが彼の流儀。インターハイなど目指さない。そう宣言する。 成功より失敗しないこと、安定と平穏が最優先事項。それは親を反面教師としていた。


負けた相手は、先輩女子。昔スイミングクラブで一緒だった人で、 インターハイ出場選手。負けても彼女に勝負を挑むのは、つまりはそういうこと。 なので、勝ったら付き合ってよ、と持ち掛ける。先輩も、それは、まんざらではない。


そんな爽やかな青春物語、のはずが話がおかしなほうに。朝練していた 少年が溺れかけ、そこを初心者だが水泳部に所属している女子に マウストゥマウスで救われる。以降、彼は体に変調が。喉が、身体が乾き、 皮膚が焼け付く、鱗のようになる…。体質が河童になったのだと。


なぜかっぱの子が人間として学校に通っているのか、 そもそも少年がなぜかっぱになってしまうのか、 というところは雰囲気で流されたまま続刊に乞うご期待となっており、 なんだこれ感は漂う。が、その分、話の流れは立て板に水のようにするすると 滑らかではある。少年は河童であることを受け入れ、 河童である少女のことも受け入れる。


そうした彼の性格は先輩女子も見抜いていて、 彼が自身がいうような性格ではなく欲しいものは欲しいとするエゴイストであるはずだということ、 そして今の彼は好きだの付き合うだのという状況にはないことを 的確に指摘する。この、わかりの良すぎる人物たちが出てくる ところが本作の魅力か。面倒な人、悪い人が出てこないので読みやすい。 まぁこの先どう転がっていくのかはわからないが…。


どう評価したものかという感じの一巻ではあるが、 空気感が良いので続刊は読んでみたい。


【データ】
今井大輔
パッカ
【発行元/発売元】 小学館 (2020/5/29) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ パッカ (1) (ビッグコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ パッカ , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto

日常と非日常を分かち合う、異種族恋愛譚。
プールサイド。微かに匂う、塩素の香りに、鼻の奥がツンとする。 何気ない青春、何気ない日々は突如、姿形を一変させる。
「あの日、あの朝、オレのカラダは全く違うモノに変わってしまった・・・」
高校1年生、水泳部の末森ケイが、カッパの少女・シズクに出会って、 日常と非日常の狭間で揺れる。種族を超える、切なくもどかしい恋愛譚!!


■当サイトの著者他作品レビュー
今井大輔/クロエの流儀
【オススメ】 今井大輔/古都こと−チヒロのこと−
【オススメ】 今井大輔/古都こと−ユキチのこと−
【オススメ】 今井大輔/ヒル
【オススメ】 今井大輔/SEED

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM