【オススメ】中島あきら/らすときす


らすときす(1) (KCデラックス) (amazon), らすときす (honto)

■【オススメ】題名や表紙から期待する内容とは少々違うが佳作。 過敏な嗅覚をもった少年が、それを活かせる場を見つける、 未知の生命体と戦う話。

嗅覚が強すぎることで、不快な臭いに悩みながら生きている少年。 彼がほっとするのは理解してくれる祖父の家にいるときだけだった。 そんな彼が、街中で美少女に出会う。そんな匂いがするのだろう、 と近寄ると、今まで嗅いだこともない悪臭がした。


マスクをした主人公はコロナ禍の今どきにはぴったりだが、 本作は少年が地球消臭会社エタンドルの消臭士募集という 胡散臭いチラシを手にしたところから話が急変。 未知の人型生命体が人を襲う、という物語にスライドする。 少年はオデュールと称されるそのバケモノの臭いを 嗅ぎ分けることができるのだった。


自身の厄介な能力が才能として生かされる場を見つけるという話。 巻き込まれ型サバイバルものの亜種だが、 彼は自分だけが持つ嗅覚による能力を使う 覚悟を決めてバケモノ退治に身を投じる。


一方で、人型をとるバケモノを退治する決定的な道具が、 唇であるという設定。オデュールは人間とキスをするとゲル化して死ぬのだと。 この設定により話は一気にコメディ色を増す。 おかげでどういう感じで読めばよいのか困惑する。


混ざりあわなそうな材料をごった煮にした話は どう転がるのか予測できない。それが魅力でもある。


【データ】
中島あきら
らすときす
【発行元/発売元】 講談社 (2020/9/9) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ らすときす(1) (KCデラックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ らすときす , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
最旬の奇才・中島あきらが描く、奇跡の王道バトル、開幕!  武器は“唇”。 “キス”で戦う新感覚ストーリー!!
鼻が敏感過ぎる男子高生・犬上は、“世界の臭さ”に苦しみ続けて生きていた。唯一落ち着けるのは、じいちゃんと暮らす家の中だけ。ところがある日、オデュールと呼ばれる激臭の化け物にじいちゃんが殺されるという悲劇が…。茫然自失の犬上だったが、突如現れた女の指示で、悪臭に耐えながらオデュールにキス(!!)をすると…。武器は“唇”。 “キス”で戦う新感覚ストーリー!!



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM