上田トシコ/ぼんこちゃん


復刻版 ぼんこちゃん 上田トシコ - その他:honto電子書籍ストア

■今読むとしたら、漫画史の側面からか、 あるいはアート的な見方くらいしかないかもしれない。

第60回(平成26年度)の受賞作が発表された 小学館漫画賞を振り返る、 今回は第5回受賞作品から 、 上田としこ「ぼんこちゃん」。 ちなみに表紙は上田とし子名義、奥付では上田トシコ名義、 小学館漫画賞では上田としこ表記である。


村上もとか/フイチン再見! を今更ながら紹介したのはこちらのエントリに繋げるため、 だったのだが 受賞作の一つである 「フイチンさん 」が 電子版では入手不可能のようなので、 hontoに電子版のあるこちらの作品をご紹介(Kindleでは取り扱いなし)。 しかし、今読むと、昔の漫画だな、という感想しかない。 特に、おてんばな女の子、というだけの漫画であるので、 内容的にどうということはない。


コマ割りも極めてオーソドックス。 今となっては、 漫画史の上で名前のあがる人物の作品なので 目を通しておくのもよかろう、といった お勉強対象の一冊という域を出ない。


ただし、画風は高野文子が影響を受けたとかという話もある。 シンプルな描線は実作者には参考になるかもしれない。 そして、空白の使い方は、画面構成の面で、 アートとして一見の価値はありそう。


この手の昔の漫画を見たことがない人にとっては、 新鮮かもしれない。とはいえ内容的には、 いま読む必要も必然もない。「フイチンさん」 であれば少し違う印象が得られるかもしれないが。



【データ】
上田トシコ (うえだとしこ)
ぼんこちゃん
【発行元/発売元】パインウッドカンパニー 【発行日】2010年1月31日発行 ※電子版で購入
■評価→ 不能
■購入:
honto→復刻版 ぼんこちゃん 上田トシコ - その他:honto電子書籍ストア

日本の少女マンガの黎明期からパイオニアの一人として活躍を続け、名実ともに常に第一人者であり続けた上田トシコさん。今回、その代表作である「フイチンさん」「ぼんこちゃん」「お初ちゃん」のさん作品を初の電子書籍化しました。「作者のことば」ぼんこちゃんは、奔放と無邪気さと個性をうたった、私の啓蒙心もチョッピリふくめた家庭マンガです。あらゆる面にスモッグ汚染されてきている、今の時代に「ぼんこちゃん」から、少しでも清新な空気を感じていただけたら幸いです。(昭和46年9がつ30日発行 虫コミックス単行本より)。「ぼんこちゃん」は、「りぼん」昭和30年9月創刊号〜昭和37年12月号まで連載された作品。主人公である女の子ぼんこちゃんを取り巻く周囲の人々の優しい眼差しが古き良き日本の微笑ましい家族の日常を描いています。昭和35年上田トシコさんは「フイチンさん」「ぼんこちゃん」ほかで第五回小学館漫画賞を受賞しています。上田トシコさんの人生は、波乱万丈でありNHK朝ドラの主人公のようなものでした。ドラマ化もされた医療マンガ「JIN−仁ー」の村上もとかさんの新作は、上田トシコさんをモデルにするという話ですから、少女マンガファンだけでなく自他共に漫画好きを自認する皆さんには必読の書となること間違いなしですね!「正ちゃんの冒険」から始まる日本の少年少女マンガ史90年の歴史の中で最重要作品とも云える「フイチンさん」「ぼんこちゃん」を皆さんも是非この機会にご一読いただけたら幸いです。(漫画研究家本間正幸)



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM