2016-08-14


ももいろクローバーZ 桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~ LIVE Blu-ray
●横浜国際総合競技場(=日産スタジアム)にももいろクローバーZの桃神祭Day1を見に行きました。感想は、ももクロライブで最もがっかりしたライブでした。昨年から質の伴わないライブが散見されましたが、今回は構成やパフォーマンスではなく、音響とと細部の運営の問題です。9200円の価値はとてもではないですがありませんでした。これ、ももクロライブ初見の人は二度と来ないし、ファンは所謂他界、離れるきっかけになるよこれは。末端の運営と音が酷かった最低のライブでした。ももクロちゃんが頑張っていれば笑顔ならいい?それはダメだよ、そういうレベルのアイドル、そういうレベルのアーティストではないはずだろう彼女たちは。

まず、音。アリーナ後方で見ていたが、音が薄い。圧がない。なんだこりゃ、と思っていると、音がだぶる。後ろから遅れてくる音がある!うーん・・・スタンドのお客さんは映像から遅れた音が大音響で響いているのか?アリーナにいるのに外で音漏れ聞いているような感覚である。残念。こんな残念なライブは・・・家人に言わせると下手くそだったYUKI以来だそうです・・・。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、ではないけれど。そうなると末端の運営の酷さも目立つ。まず、持ち込み問題。アリーナでは食べ物持ち込みができません。さらに。なんと。水以外の飲み物もアウト。レモンフレーバー水もNG!なんで?なぜ?たぶん誰も説明できない。日産スタジアム側の、芝の維持の問題らしいのだが、なんで水は許容されてお茶はNGなのか。サッカーもプレイヤーが飲むのは水以外のドリンクNGなのか?(注:これはピッチでは水しかダメらしい。要は天然芝は塩分に弱い、と。でもナトリウム分が課題である場合、お茶を禁止する理由にならないのでは?水以外は細かくあれは良いけどあれはダメという話になるので、ということだと思うが、そもそもサッカー場やヨーロッパ社会にはペットのお茶をピッチに持ち込むって概念がないから規定外になっているだけのような。科学的に証明されていないルールを運用するのであれば、都内の電車の「優先席付近では携帯電話の電源を切れ」というのと同じ。社会にとって害悪でしかないので、きちんと科学的に説明をお願いしたい。)

この理不尽なルールも酷いが、問題は、スタンドならOKアリーナはNGということである。普段客を入れないアリーナなので仕方がない、という話はあるものの、アリーナ席かどうかは当日入場する段にならないとわからないのだ。それを入場時のバイトのスタッフが律儀に運用する。バイトだから雇い主のオーダーに従うのは仕方がない。でもそのオーダーを下した人間は最低である。施設側のオーダーだとしても、馬鹿言うなと交渉すべき内容だろう。科学的な根拠など示せないはずだから。

しかし健気に客を摘発するバイトスタッフを見ていると、 勤勉な無能者の話を思い出した 。まぁこれは勝手にジャッジするって話だけど、日本の場合はくだらんルールを真面目に守りすぎる問題がある。だって上司の命令だからやりました、僕悪くないですよね、という。お前の頭は何のためについているのだ、と問いたい。ま、バイト責めてもしょうがないが、真剣に運用するなよって話である。事前に告知してます、っていうけど、 当日のしおり には酒の話しか触れてないんだよね。っていうか[ 飲酒・酒気帯びでのご入場の禁止] って見出しが重複している時点でアウトなんだけど。

事前に書いてないこととして、別の水問題もある。 常連が多いので皆知っているだろうが、ウォーターガンなど放水がある。つまり席によっては濡れる。服はともかく荷物も危ない。昔は入場時にビニール袋が配られた。今はそれはない。ファンクラブ会員の席は当日にならないとわからない。なので持参していないとヘタすると濡れる。

とっとと帰れたので問題はなかったが、整列退場も運営の勝手な都合。事故起こしたくないし、アリーナに客なんて普通は入れないから仕方ないけど、帰りの都合もあるでしょうから。そういう人はきちんと主張して帰るのが当然。それを止めるとすれば、やはり勤勉な無能者である。 その整列退場のアナウンス、聞こえづらいのだ。BGM流してるとかありえん。止めろよそれ。そもそもスクリーン使って告知せえよ。

上演中のトイレも、制限あって退場不可だったり、動線が一方通行になっていたり。上演中は混まないだろう、なんのための一方通行?あのね、普通の人は出たところから帰らないと席までたどり着くの困難だと思うんだけれど、そんな常識も働かないのか。 もう全てが 運営側の都合ばかり。客のことを考えていない。ああ、もう、そうなってしまったんだな。

日産スタジアムを頑なに横浜国際総合競技場、 と呼称していたのでそもそもどこだっけと思ってもしまったのだが、 これはももクロがCMに出ているスズキに気を使ってのことなのだろう。そういう心遣いはできるけれども客のことはどうでもいいのね、と思ってしまう。

飲み物問題や音問題は、音楽業界が自前で箱を用意せず借り物で済ませてきたことのデメリットが露呈している。箱は作らず借りるものだ、という発想はコストパフォーマンス的には正しい。しかし、その結果が音楽ライブの質を担保できないのであれば、やはり、質を保てる施設を音楽業界が音楽興行用に作るべきではないのか。

ところで今回披露されたニューシングルのタイトル曲。うーん・・・今出すシングルはコレジャナイだろう感がひしひしと。ここまで佳曲が数多くあるなか、この曲にファンが熱狂するとは思えない。そして今必要なのはファン以外に支持される曲である。で、これですか?・・・今回のライブの状況と新曲とを鑑みると、今日がももクロにとって重大な岐路になってしまったのかもしれない。日曜のDay2でどこまで修正できるのか。無理だとは思うが儚く期待しております。でもこのライブ、頑張って残っていたファンが他界するいい口実になってしまった気がするな・・・。

以下追記。Day2はセンターステージ横のスタンドでの観覧となりました。今日も音が廻っているというか後方は遅れて出る感じでしたが、この席だとほぼ気にならず。個人的にはラッキーも、そういう問題じゃあないよなぁ。セットリストは面白かったものの、夏の野外でやる曲だろうか?というものなど桃神祭のコンセプトにあわなそうなものもちらほら。個人的には祭りというコンセプトに興味がないので良いのだけれど、今年で打ち止めで来年は夏の馬鹿騒ぎ、というのは良いと思う。ちょっとどうも音の問題を筆頭に色々あってあまり今回のライブは没入できなかったのだけれど、さてクリスマスは幕張メッセ2days、常識的な会場であり次で真価を問いたい。音楽ライブなのだからまず音が最優先だと思うので、そこは気を使って欲しいのです。頑張ってパフォーマンスしていればいい、って甘やかすファンばかりがいいのなら、もう何も 言いませんが・・・。 ニューシングルはカップリングの「DECORATION」に期待しています。。。
更に追記:C/Wの「デコレーション」は格好いい名曲でした!何より。





search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM