【オススメ】 竹林七草、桜井みわ、雛川まつ/お迎えに上がりました。〜国土交通省国土政策局 幽冥推進課〜


お迎えに上がりました。 1 ~国土交通省国土政策局 幽冥推進課~ (ジャンプコミックス)

■【オススメ】割とある成仏ものだが、ヒロインが素直でストレートなのは 胸にぐっとくる。

原作ありもののコミカライズの例に従い仕上がりは上々。


ヒロインの職業は国土交通省と公務員だが幽冥推進課といって 地縛霊となった元国民を成仏するよう説得交渉する仕事。 しかもその職場にいる人間は彼女だけ。あとは皆人間ではない 者ばかりなのだった。


今までの職場がすべて潰れたりリストラされてきただけに、 この仕事への意気込みは充分な主人公。しかも彼女はまっすぐ。 片付ければいい、という観点ではなく、どうすれば一番よい結末を 迎えられるか、を考えて行動する。…素敵すぎる。そして彼女の教育係は、猫。そりゃ完璧な設定である。


ヒロインがもたらす結末は、誰もが納得する素敵なもの。 全エピソード、そうしたハッピーエンドであるのは素晴らしく、 彼女の能力も示している。そんな彼女をスタッフたちもみな もり立てようとしている。話の構造が非常によろしい。


ひたむきなヒロインが素敵な一作。空回りしているわけではないところがポイント。良い話をマンガにしました。


【データ】
原作=竹林七草、漫画=桜井みわ、キャラクター原案=雛川まつ
お迎えに上がりました。〜国土交通省国土政策局 幽冥推進課〜
【発行元/発売元】 集英社 (2019/11/1) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ お迎えに上がりました。 1 ~国土交通省国土政策局 幽冥推進課~ (ジャンプコミックス)
国土交通省内のマル秘部署『幽冥推進課』で臨時職員として働くことになった朝霧夕霞。同僚は全員妖怪、職務は国土開発の妨げになる地縛霊を説得して立ち退かせること!? WEBで「泣ける」と話題の新時代“あやかし×お仕事”ストーリー、第1巻!!


■当サイトの月間オススメはこちらから

このマンガ一巻がすごい!2019年10月編

今月に読んだ漫画1巻で特に印象に残った作品をご紹介
月間オススメ

□今月のパワープッシュはこちら(今月レビューした本ベースなので新旧入り混じっております。旧作クラシックも含みます) 
1. ヤマモトマナブ/キューナナハチヨン
2. オノ・ナツメ/BADON
3. 小山ゆう/颯汰の国
4. 矢寺圭太/ぽんこつポン子
5. 冬目景/空電の姫君
6. はやかわけんじ/デカニアラズ
7. 福地翼/ポンコツちゃん検証中

【オススメ】 冬目景/空電の姫君


空電の姫君(1) (イブニングKC)

■【オススメ】 リアルなバンドもの。 出版社かわっての続編。ここからでも話は読めるが、まあ前編から読んだ方がすんなり入れる。

プロになることを目指すがカリスマ性もなくテクニックも普通なバンドの話。


家族や家族同然の人の死が背景にあるところが作品の個性。失敗や挫折のはなしは前編で描かれており本作の主人公はかなり強い状態で突っ走っている。こう固まってくると、この話はヒロインの、というよりバンドメンバーと友人女性の話になるほかない。


でも登場人物の造形はしっかりなので、それはそれで十分に面白い。 知り合いが少なくても、その少ない知り合いやきっかけを活かして話が転がっていくのはなかなかリアル。


なお前編にあたる「空電ノイズの姫君」も話運びはゆっくり。それでも読ませるのが著者の腕。2年前の作品で、なんで紹介していなかったのかというと、幻冬舎作品だから。ポリシーとして買わない出版社がいくつかあるので…。


【データ】
冬目景
空電の姫君
【発行元/発売元】 講談社 (2019/10/23) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 空電の姫君(1) (イブニングKC)
伝説のロックバンドのギタリストを父に持つ女子高校生・保坂磨音(ほさかまお)はアマチュアバンド「アルタゴ」のメンバーになる。歌が上手くて美人でミステリアスな親友・支倉夜祈子(はせくらよきこ)も絡んで練習やライブに挑む彼女の青春漫画。バーズコミックス「空電ノイズの姫君」全3の続編ですがここから読んでも大丈夫です。冬目景さんの最新作を是非どうぞ。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 冬目景/イエスタデイをうたって
【オススメ】 冬目景/マホロミ
【オススメ】 冬目景/ももんち
【オススメ】 冬目景/ACONY
冬目景/ハツカネズミの時間
【オススメ】 冬目景/幻影博覧会

■当サイトの月間オススメはこちらから

KENT/カラーレス


カラーレス(1) (ボーダーコミックス)

■退化してしまった未来を舞台にしたデストピアもの。

未来の話。電磁波により人間の風態は祖先病というもので恐竜のような形に、そして世界から色がなくなり、技術の類も失った。


その世界で、色を取り戻すために研究を続ける人物が主人公。他方に「教団」と呼ばれる色を独占しようとする強大な組織があった。


そんな中、主人公が行きつけの喫茶店でアルバイトしていた少女が、教団に誘拐される。依頼を受け彼女を救い出した主人公だが、彼女が実は祖先病に罹患していない、この時代には教科書でしかお目にかかれない風態の持ち主だった。


研究所の所在もわかりつつ主人公を生かし続ける教団の適当さが話の肝になっている点がご都合主義だが、舞台設定など全体設計はスタイリッシュ。色に関する話は意味がよくわからないが、モノクロ基本の漫画上では生きるギミックではある。


【データ】
KENT
カラーレス
【発行元/発売元】 リイド社 (2019/10/19) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ カラーレス(1) (ボーダーコミックス)
『シドニアの騎士』『人形の国』弐瓶勉先生、絶賛!! 「心配になるぐらい人間が出てきませんが大好きです。」
灰色の地球、異形化が進んだ人類――。 失われた世界を取り戻す異形ガンアクション、開幕!!
極大太陽フレアの影響で色素を失った地球。 異形化し、衰退の一途をたどる人類。 かつての世界を取り戻す鍵は「色」に秘められた力と一人の「少女」。
世界に僅かに残された「色」の残滓に巨大な力が宿っていることを知り研究を進めるアヴィディアは、 少女・智慧を守りながら「色」の力を使い勢力を拡大する「教団」との戦いに身を投じることとなる。
〈著者〉KENT 本作が連載デビューとなる超大型新人。 フィギュアやスタチューの制作において、ビジュアルイメージを視覚化するコンセプトアーティストでもある。


■当サイトの月間オススメはこちらから

ことぶき/令和はなまる学園


令和はなまる学園(1) (アフタヌーンKC)

■JK生活を綴る学園もの。それを男子でやるという 倒錯ぶりはユニークだが…ユニークっていうのかな…

表紙どおり異彩を放つ内容で話題の一作。女子高生の学園もの、 のはずなのだが、その絵柄はBLチック。武将ものを女子で描くという 萌え路線の真逆。


それで描かれるのは基本、女子っぽい生態。ムキムキ男子が ブラジャーしてたりする倒錯具合に萌えるか、 男子高校生の可愛らしさに萌えるか。いや、一応これJKものって ことになっているようだが…。女子読者向け作品、なのかな… いやどうなんだろう…。


JK男子、ってなかなかのパワーワードだな…。


【データ】
ことぶき
令和はなまる学園
【発行元/発売元】 講談社 (2019/10/9) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 令和はなまる学園(1) (アフタヌーンKC)
切谷さんは私立はなまる学園2年A組の学級委員。紺色ブレザーに身を包み、今日も学校に通います。クラスのみんなもスカートの長さを気にしたり胸の大きさを気にする普通の「男子」高校生!? 制服の袖からこぼれる上腕二頭筋が美しい北原さんは野球部のエース。ブラに収まらないほどの大胸筋を持つレスリング部の夢川さんはカワイイものが大好き! 小柄で愛されキャラの春見君はみんなの人気者。JK男子達が織りなす新感覚の倒錯感! 思春期全開でお届けする超高画質コメディをご堪能ください!


■当サイトの月間オススメはこちらから

青木U平/マンガに、編集って必要ですか?


マンガに、編集って必要ですか? 1巻: バンチコミックス

■セールス的に崖っぷちな漫画家と、ファッション誌から 異動してきた若い女性編集者とによる業界もの。

45歳の漫画家が主人公。基本的に編集との不毛な雑談が苦手。 そんな彼に新たに担当としてついたのは、24歳の若い女性だった。


キャリア8年目、コミックスは2〜3巻で打ち切られる状況が続いている。 出版社の体力低下から1万部刷れない作家を養い続けるのは難しかろう と読んでおり、この辺で一発当てとかないと厳しいと自覚している。 そんな状況で、この空気の読めなそうな編集者でいいのだろうか、大丈夫だろうか、いや編集部には意図があってのことかもしれない、でも実際は意図などないのかも、などと考えてしまうのだった。


すれ違い、まるで噛み合わなそうな二人のコメディか、 その果に二人がバディとなる話か。主人公の様々な思い込みが 空回りするコメディとしては、その主人公が中年というのは ユニークかもしれない。などと思っていると、題名通り、ズバリ、 いま編集者は漫画家にとって必要なのだろうか、という お題が主人公のアシスタントから投げ込まれる。


漫画家と編集者のそれぞれの立場の違い、それによるすれ違い。 主人公の思いを客観視するために、アシスタント仲間だった売れっ子漫画家と、 漫画を一切読まない主人公の妻を配置、カウンターとなる意見を提示する。 そうして、編集者とわかり合おうとしたところで、状況が一転してしまう。


うーん、ここで一巻終わるのか。確かに雰囲気変わるけど。 提示したテーマからしてこの展開でいいのか…。いたずらに ドラマチックにするのはどうなのか。 なお続刊発売済 →マンガに、編集って必要ですか? 2巻: バンチコミックス  この2巻、面白いんだよな…。


【データ】
青木U平
マンガに、編集って必要ですか?
【発行元/発売元】 新潮社 (2019/5/9) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ マンガに、編集って必要ですか? 1巻: バンチコミックス
ドラマ化された『フリンジマン』の実力派、青木U平が描く、中年漫画家と新米女性編集者の「打ち合わせ」コメディ。漫画家・佐木小次郎(45)はキャリア8年目の中堅漫画家。……と言えば聞こえはいいが、この出版不況、ここらで一発当てとかないと次がやばい、そんな正念場に立たされている。そんな時、新しく担当についたのは、マンガ編集1年目の新人女性編集者・坂本涼(24)だった……。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 青木U平/フリンジマン
■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 小山ゆう/颯汰の国


颯汰の国 (1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】徳川の治世、改易の憂き目にあった 藩の姫を守るため行動をともにする男の話。

江戸時代、父母はなく和尚のもとで育てられている 子供。彼に若くして一流の剣と学問を身に付けさせなければ ならない、と急ぐ和尚だったが、喀血してしまう。 死が近いことを悟り、知り合いの夫婦のもとに彼を託す。 跡継ぎとして平穏な人生を送ることを望む、としつつ、 数奇な星の下に生まれた男ゆえどのような運命が待ち受けるか… しかし生き抜くんだぞ、と和尚は言い残す。


ここまで40ページ足らずでテンポよく過不足なく 基本設定を描写する、さすがの導入。その後青年となり、 姫の話を経た上でその姫を描く前に、1シークエンス 過去に戻って主人公の青年が和尚のもとに来ることに なった場面を描く。なぜそこに入れるのか、は、 もちろん理由があるわけで。この辺のバランスは絶妙。


道場での対抗試合に姫が興味をもち、そこで主人公と接触する。 活発で闊達な主人公は小山ゆう作品の持ち味である陽の部分。 しかし人物が揃ったところで、藩にお取り潰し、改易の沙汰が下る。 藩主は切腹を迫られるが、姫や殿は逃したいと考える。 その逃避行に主人公は同行することにする。


敵から逃れ、仲間を集め、策を練り道を探す話。 その舞台に江戸時代初期を選んだのは面白い。 まだ前段にすぎない一巻だが、今後の展開につながる要素を すべて示たうえで一巻だけでも読み応えのあるものに なっており、さすがの上手さである。 続刊同時発売→颯汰の国 (2) (ビッグコミックス)


【データ】
小山ゆう
颯汰の国
【発行元/発売元】 小学館 (2019/9/30) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 颯汰の国 (1) (ビッグコミックス)
江戸幕府に抗った男…大人気歴史物語!!
徳川家康から秀忠、家光へと移行していく時代、 改易の憂き目に遭いながら、屈することなく敢然と幕府に立ち向かった男がいた!! 名は佐々木颯汰。数奇な運命を背負った颯汰は、 いかに生き、戦うのか…巨匠・小山ゆう熱筆!! 圧倒的スケールで描き出す、 歴史スペクタクルロマン、ついに開幕――!!


■当サイトの著者他作品レビュー
小山ゆう/雄飛
小山ゆう/AZUMI−あずみ−
小山ゆう/風の三郎

■当サイトの月間オススメはこちらから

<< | 2/1277PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM