槇村さとる/ヒロインの条件

ヒロインの条件 (クイーンズコミックスDIGITAL).jpg
ヒロインの条件 (クイーンズコミックスDIGITAL)

■槇村さとるは一巻完結となると寸詰まり感がある。

槇村さとるの長編作品には、独特のグルーヴ感がある。 構成にメリハリがあるのだが、それがパキパキしたものではなくて、 ゆるい流れの連続として表現されるのが特徴である。 何か急にイベントが起きてそれが物語の転機になる、 というのではなく、その前から流れは変わっている。


そういう性質の作品を描く作家なので、 短編ではあまり持ち味が出ない。尺が足らないので、 何か中途半端な、あるいは詰め込みすぎでとっちらかった 印象になる。数巻で終わる作品の場合は、ツマラナイということはないが、 面白く感じるものほど、論点が整理されている。 そのフォーカスされた論点から、話はあまりはみ出さない。 長く続くものの場合は、話がフォーカスされた枠を飛び出して広がっていく のだが、そこまで育たなかった、あるいは枠にはめこんだ場合には、 数巻でまとまる作品となる。


では一巻本の場合はどうか、というと、本作の場合、 短編ほどの不自由さはないものの、 長編ほどの広がりは持ちようがなく、 結果、寸詰まりな感があった。


フィギュアスケートの世界が舞台。 ただし、主人公はトップ選手だったが肝心なところで 失敗した過去を持つコーチ。そのときに、 コーチに見捨てられた、という思いがあって、 恩師とはぎくしゃくしている。 この設定は、スケートを描いた傑作佳作を持つ著者だからこそ 説得力を持つもので読み手は期待する。 が、話は、フィギュアをまったく知らないが スタッフとなっている男性を絡め、どこに向かうのか? と思わせる。さらに、才能ある初心者が入ってきたことで、 話が歪みはじめる。


その子が、昔、主人公のスケートを見てファンとなった、 という設定は良い。が、その後は、その子が主役となり、 主人公や、あるいは恩師の過去を彼女が背負う話となる。 それはさすがに話として歪みすぎているので、 その矯正のために、主役となった子供にしわ寄せがいく。 まぁ、これは妥当な展開であるのだが、 その後の調整は極端。そしていきなり時間が飛んで話を綺麗にまとめて終了。


うん、上手いのだけれども。描きたかったのは、 何だったのだろう。主人公である元選手で現コーチ、30歳のヒロイン の新たな人生、なのだと思うし、実際、そういう内容ではあるのだが、 それが、新しいヒロイン誕生という話にまとめられてしまうと、 うーん、それで良かったのだろうか? と思ってしまう。いや、上手い終わり方なのだ。それは確かなのだが。 良い話だけれど、主役はだれで、論点はどこ?というのがぶれているように見える。 「見捨てない」という話、なんだとは思うので、だからチームが同じママの結末は 綺麗に仕上がってはいるんだけど。


【データ】
槇村さとる (まきむらさとる)
ヒロインの条件
【発行元/発売元】集英社 【レーベル】SHUEISHA QUEEN'S COMICS DIGITAL 【発行日】2006年初版発行、2013年デジタル版発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作)
■購入:
amazon→ヒロインの条件 (クイーンズコミックスDIGITAL)
honto→honto - ヒロインの条件 槙村さとる (著) クイーンズコミックスDIGITAL - クイーンズコミックス:電子書籍ストア
eBookJapan→ヒロインの条件 少女コミック 槇村さとる - 電子書籍・コミックはeBookJapan

名門クラブでフィギュアのコーチをしているリサ。そんな彼女の前に、ズバ抜けた運動能力と物怖じしない滑りをみせる少女が現れ…。本格派フィギュアスケート・ストーリー!!

■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 槇村さとる/おいしい関係
【オススメ】 槇村さとる/白のファルーカ
槇村さとる「Do Da Dancin'!」22冊を一気に読めるのは幸せ。
キャリアの等身大を描いた「Real Clothes」
槇村さとる/YES!
【オススメ】 槇村さとる/Do Da Dancin'! ヴェネチア国際編
【オススメ】 槇村さとる/Real Clothes

【オススメ】 槇村さとる/おいしい関係

おいしい関係 1 (クイーンズコミックスDIGITAL).jpg
おいしい関係 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

■【オススメ】お嬢様が父の死とともに職探し。 彼女は、シェフを目指すことにする。

電子版がリリースされたので購入、久しぶりに読んでみた。


美食家だった父が亡くなり、会社は倒産。 20歳のヒロインは、お嬢様から一転、 母親と借家住まいをすることに。 もう食事を作ってくれる人もいない。 レトルト食品を用意したが、自分の舌には受け付けなかった。 家計の観念のない母親との暮らしで、 彼女は仕事をする必要を感じるが、手に職があるわけでもない。 そんな彼女が、おいしい、ほっとするレストランを見つけ、 仕事がしたい、と押しかける。


おいしいものを食べてきて、舌が肥えている女性を ヒロインとした料理もの。天真爛漫で、愛を注がれて育っている。 一方で、母親の実家はいまもしっかりしており、 母はその家に戻るという設定で、母との生活がヒロインの肩にかかる 話ではないところが上手い。育ちが良いヒロインが、 その環境から解き放たれる以上の意味合いを、父の死による会社の倒産 にはない。この割り切りができているところが、この作品の強みだろう。


一巻の時点ではないが、 物語の途中には鬱展開をする部分もあり、 このヒロインの性格設定でそれはありなのだろうか? とも思うのだが、軸は男女4人の四角関係にヒロイン中心の成長譚、 全16巻読み終わってみればすっきりする話にはなっている。


【データ】
槇村さとる (まきむらさとる)
おいしい関係
【発行元/発売元】集英社 【レーベル】SHUEISHA QUEEN'S COMICS DIGITAL 【発行日】1993年初版発行、2014年デジタル版発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→おいしい関係 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)
honto→honto - シリーズ:おいしい関係 槙村さとる (著) クイーンズコミックスDIGITAL - YOUコミックス:電子書籍ストア
eBookJapan→おいしい関係 少女コミック 槇村さとる - 電子書籍・コミックはeBookJapan
おいしい物を食べることが大好きな百恵が、就職先に選んだのは洋食屋の『プチ・ラパン』。その店のシェフ織田の料理の腕に心酔した百恵だったが、彼は複雑な過去を持つ、一筋縄ではいかない男だった…。元気印の百恵が贈るスーパー☆グルメ物語、待望の第1巻。

■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 槇村さとる/白のファルーカ
槇村さとる「Do Da Dancin'!」22冊を一気に読めるのは幸せ。
キャリアの等身大を描いた「Real Clothes」
槇村さとる/YES!
【オススメ】 槇村さとる/Do Da Dancin'! ヴェネチア国際編
【オススメ】 槇村さとる/Real Clothes

【オススメ】 槇村さとる/白のファルーカ

白のファルーカ 1 (マーガレットコミックスDIGITAL).jpg
白のファルーカ 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

■【オススメ】今読んでも絶品。だが時代は感じる展開だろうか・・・。

フィギュアスケートの世界で日本人が勝負になるなんて夢でしかなかった時代に、 そうした作品を描いていた著者。時代が追いついた今読んでも十二分に面白い。 いや、時代はまだ追いついたとはいえないか。「愛のアランフェス」はペアであるし、 「白のファルーカ」はアイスダンスである。日本人はまだその域に達していない。


ちなみに。こういう、現実が追い付いていない世界を描くのが、フィクションの醍醐味である。 現実を後追いして描く作品になど面白みなどない。というのは言いすぎだが、未来を描く作品 ほど、高く評価されるべきである。この作品はそういう代物で、そして未だに、未来の話である。


ソロで未来を嘱望された男子選手が、怪我によりリタイアする。 彼のファンで、それでスケートを始めたヒロインは嘆き悲しむ。 しかし、彼はアイスダンスで復活しようとしていた。パートナーに選ばれたのは、 ヒロイン。だが彼の態度に、彼女は反撥するのだった。


強気なヒロインはいつもどおり。タッパもあって、日本人としては異質なスタイル。 このカップルが日本代表にのし上がっていくサクセスストーリーであり、 二人の恋愛物語でもある。


が・・・この話、全8巻しかないのだけれど、このあと怒涛の展開がありまして、一巻で登場して こない人物を軸に、昼メロドラマもかくや、という70年代少女漫画的な物語になっていくのです。 1987年の作品なのですが。ちなみに、今世紀になっての作品、「Do Da Dancin'!」はバレエが舞台ですが、そこまでの設定はありません。つまり、時代に則した設定だったのでしょう。逆にいえば、今ここまで濃い設定の作品を仕立てれば、カルトになること間違いなし、ではあります。


なお本作は、別に世界チャンプになる話ではありません。そういう話にしないところが、 著者の上手いところ。だからこそ、25年以上経っているのに、今読んでも絶品なのです。


【データ】
槇村さとる (まきむらさとる)
白のファルーカ
【発行元/発売元】集英社 [レーベル]SHUEISHA MARGARET COMICS DIGITAL 【発行日】2014(平成26)年発行(初版発行1987年) ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→白のファルーカ 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
honto→honto - 白のファルーカ 1 槇村さとる(著者) マーガレットコミックスDIGITAL - マーガレットコミックス:電子書籍ストア
eBookJapan→白のファルーカ 少女コミック 槇村さとる - 電子書籍・コミックはeBookJapan

【アイスダンスペア、波乱の誕生!】秋吉樹里はアイスダンスに打ち込む17歳。憧れの天才スケーター・松木恵からパートナーに望まれ、樹里の運命は急展開する。ところが、天才の素顔は傲慢で、初対面の相性は最悪だった。そんな中、元メダリストの名コーチ筒美夫妻のもと、二人で世界をめざすことに! 火花が散る華麗なアイスダンス・ロマンが開幕!

■当サイトの著者他作品レビュー
槇村さとる「Do Da Dancin'!」22冊を一気に読めるのは幸せ。
キャリアの等身大を描いた「Real Clothes」
槇村さとる/YES!
【オススメ】 槇村さとる/Do Da Dancin'! ヴェネチア国際編
【オススメ】 槇村さとる/Real Clothes

「美味しんぼ」の問題は、大きな物語となる軸が消失したことにある。

美味しんぼ(1) (ビッグコミックス).jpg
美味しんぼ(1) (ビッグコミックス)

福島に対する差別や風評被害を助長しているのではないか、 と言われた「鼻血」表現など、最近の「美味しんぼ」は、 描かれるたびに悪い意味で物議を醸す内容となっている。 その描写の是非をひとまず離れて、一巻を読み返すことで、 問題の本質を考えなおしてみることにしたい。


Kindleで読む第一巻は、解像度これでよいのか? と思う上に、「 総務部総務課 山口六平太」みたいな絵で、こんな絵だったのか・・・と愕然とする。


それはそれとして、読み進めると、こういう話である。 新聞社の新入社員である栗田ゆう子は、配属されるもお茶くみにコピーなど、 大学出のしごとだろうか?と思うことばかり。しかし、社主直々の新たな周年企画「 究極のメニュー」のために味覚の鋭い者の選別があり、 栗田はそこに選ばれる。そしてもう一人、斜に構えぐーたらに見えた先輩社員、 山岡士郎も同じく選出されるのだった。


ということで、そもそもこの作品は、栗田ゆう子視点の話である。 加えて、山岡士郎と父・海原雄山との確執の物語である。 究極のメニュー作りというテーマは、エピソードに落ちてくる小さな話であって、 大きな物語としては、父子の確執と、山岡・栗田の関係の2軸があった。 この、2本の大きな軸は、すでに解消されている。つまり、 「美味しんぼ」の元々の存在理由は、すでになくなっているのだ。


細かいエピソード自体は、一巻のときから、いまとさして変わらぬインパクトで綴られている。 上っ面をなでた「常識」を振りかざすグルマンに対して、理屈をもって横っ面をぶん殴る山岡。ただし、薀蓄だけでなく、実際の食材でもって相手に叩きつけるので、 プライドよりも食の真実を取る者は、山岡の言い分に納得する。


山岡は、「食い物の味が一大事みたいに言う人間を見ると、吐き気がするほど腹が立つ」が、「そう言う俺自身食い物の味にこだわらずにいられない・・・いまいましく嫌悪さえ抱いているんだ・・・」という、アンビバレントな感情の持ち主である。「美味しんぼ」を支えていたのは、この山岡のキャラクターであった。一巻にあるこの虚無的な空気が消えて、大きな物語もなくなってしまえば、 そこに残るのは、薀蓄を元に大げさな表現をする登場人物たち、だけである。


作品登場から30年が経過し、父子の確執をテーマにした美食ものといえば例えば「神の雫」のような進化した後継作品が存在する。そこでは父を亡き設定にしたことで、確執がヒートアップすることもなく、現代風の作品に仕上がっている。時代は大きく進化し、「美味しんぼ」は物語として退化した。いま展開されているのはすでに物語としては完結した後日譚である。


言いたいことだけ言いっぱなし、エピソードがあるだけで物語がない現在の「美味しんぼ」は、小林よしのりの漫画のようなものか。物語に包み隠すことなく、言いたいことだけを言う、というスタイルは、メッセージがむき出しであり、巧妙さがない分、害は寧ろ少ないのかもしれない。そして、老醜をさらす様は、新聞社という存在の現状をそのまま映しだす試みであるのかも。何にせよ、当初あった物語の枠組みが消失してしまっている今、この作品の新作を読むべき理由は、そもそも見つからない。


【データ】
作・雁屋哲(かりやてつ)、画・花咲アキラ (はなさきあきら)
美味しんぼ(おいしんぼ)
【初出情報】週刊ビッグ スピリッツ(原文ママ)1983年10/30号〜1984年8/15号 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】ビッグコミックス 【発行日】1985年1月1日初版第1刷発行/2001年10月5日第90刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→美味しんぼ(1) (ビッグコミックス)
honto→honto - シリーズ:美味しんぼ 雁屋哲 - ビッグコミックス:電子書籍ストア ※小学館作品にはダウンロード期限あり購入推奨しません
eBookJapan→美味しんぼ 青年マンガ 雁屋哲 花咲アキラ - 電子書籍・コミックはeBookJapan

東西新聞文化部に配属された新入社員・栗田ゆう子は、希望あふれる出社初日から、憧れの新聞社にも山岡士郎のような無神経でぐうたらな先輩が居ることに驚かされる。だが文化部全員が受けた味覚テストに合格し、大原社主・肝入りの企画「究極のメニュー」の担当者に選ばれたのは、ゆう子と山岡の2人であった…。 「食」ブームを巻き起こした大人気作!!

■当サイトの著者他作品レビュー
和田竜、花咲アキラ/のぼうの城

槇村さとる「Do Da Dancin'!」22冊を一気に読めるのは幸せ。

Do Da Dancin! 1 (マーガレットコミックスDIGITAL).jpg Do Da Dancin! ヴェネチア国際編 1 (マーガレットコミックスDIGITAL).jpg
Do Da Dancin'! 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)Do Da Dancin'! ヴェネチア国際編 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

・電子版が出たので再読した。正編は、実は、さほど面白くない。面白くなりそうでなり切らない、というのが正直なところである。大人になりきれない主人公が揺れ動く話、というのはいつもの槇村さとるではある。今回はその設定が凝っている。


・舞台は、クラシックバレエ。ヒロインは物語開始当時、22歳。無名の存在としてはとうが立っている。しかしかつては将来を嘱望された身。日本人らしからぬスケールと表現力を持つ新人として世界に羽ばたく直前、14歳で、母親が亡くなったことで彼女は立ち止まり、迷いはじめてしまった。その状態で8年。彼女が再び、輝こうとする話である。新人としては年齢を重ねてしまった彼女だが、それを推す同業の実力者が何人かつくことで話は現実味が加わっている。


・テクニックは十分、心の問題がそもそも、という話にしており、その点で単なるスポーツものよりも、大人が読んでも面白い仕上がりとなっている。ただ、バレエ団から出て行かなくてはならなくなったり、ジャズダンスに向かおうとしたり、とジグザグかげん。それが予測不能さを生むのだが、読み手にってはそれは魅力というよりも、行き当たりばったりに思えてしまう。しかも。正編は中途半端なところで終わってしまうのだ。


・物語としては 寧ろ続編 「ヴェネチア国際編」 のほうが面白い。話の筋道がストレートである。逆に言えば、普通のスポーツ漫画ではある。ヒロインをプロとして売り出すために最高の賞を獲りにいこう、という話なので、単純明快。そんな話を、面白さを削らずに、プラスαの要素も盛り込んで物語としての魅力を増してみせたのは著者の腕。どうしても名前やイメージが先行するゲイジュツ的な分野なので、ヒロインがコンクールで勝ち残る過程を現実的に描いている。だが、最終巻はあっさりしすぎで、これで終わり?と思ってしまったのも事実。続きがあるハズと思ってしまった。これで完結なのか・・・。続編があっても良さそうなのでそちらに期待か?


・とまれ、十分に面白い作品で、著者のダンス系ものに外れなし。完結作を一挙に読めるのは読者にとって喜ばしいことである。ちなみに本作と同時に「 白のファルーカ」の電子版もリリースされた。「愛のアランフェス」 の電子化も待ってますので、宜しくお願いします。


【データ】
槇村さとる (まきむらさとる)
Do Da Dancin'!/Do Da Dancin'! ヴェネチア国際編 (ドゥ ダ ダンシン)
【発行元/発売元】集英社
■評価→ B(佳作)
■購入:
amazon→Do Da Dancin'! 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)Do Da Dancin'! ヴェネチア国際編 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
honto→honto - シリーズ:Do Da Dancin'! 槙村さとる (著) マーガレットコミックスDIGITAL - YOUコミックス:電子書籍ストアhonto - シリーズ:Do Da Dancin'! ヴェネチア国際編 槙村さとる (著) マーガレットコミックスDIGITAL - YOUコミックス:電子書籍ストア
eBookJapan→Do Da Dancin’! 少女コミック 槇村さとる - 電子書籍・コミックはeBookJapanDo Da Dancin’! ヴェネチア国際編 少女コミック 槇村さとる - 電子書籍・コミックはeBookJapan

お魚屋さんの1人娘・桜庭鯛子は幼い頃からバレエを始め、将来を嘱望されていたが、14歳の時に母に先立たれてバレエへの情熱を失う。情熱はないけど、踊ることが好きな鯛子は、父と兄と商店街の幼なじみ達に支えられて…。大人気ダンサーズ・ストーリー第1巻!! /桜庭鯛子は25歳。ダンサーとして後がない彼女が成功するには、クラシックバレエの最高峰ヴェネチア国際コンクールで入賞すること!? 大好きなバレエを続けるために鯛子の挑戦が始まる。熱きダンサーズ・ストーリー、待望の新章スタート!!

■当サイトの著者他作品レビュー
キャリアの等身大を描いた「Real Clothes」
槇村さとる/YES!
【オススメ】 槇村さとる/Do Da Dancin'! ヴェネチア国際編
【オススメ】 槇村さとる/Real Clothes

【オススメ】 多田かおる/イタズラなKiss


honto - イタズラなKiss 1巻 多田かおる - 少年コミック:電子書籍ストア

■【オススメ】反目しあう二人のラブコメはよくあるが、 一方通行なのに同居、という設定がやはり秀逸。

最初のほうの巻がお試し無料でリリースされたのでご紹介は、 再び多田かおる。著者の不慮の死により未完で終わってしまった 作品ではあるが、それでも十分面白い。先に紹介した「愛してナイト」とは 時代が違うので、コマ割りは比較すると非常に読みやすいものになっている。


ヒロイン相原琴子が振られるところから話が始まるのがまずユニーク。 そしてその振った相手である入江直樹と同居することになるのが次にユニーク。 成績が悪い琴子と、成績優秀な入江くん。 でも、そのヒロインが相手の弱みを掴んで、勉強を教わり、 試験で100位に入るという下位クラスの生徒としては異例の結果を残す という話が、単なるバカではない、というか 教えたほうの教え方もしくはテスト範囲を踏まえた教えこむ場所が良かった ことを示していて、こういう展開を一巻のうちに取り込んでいるのが 上手いところである。


同居も設定は丁寧で、新居が不良建築で地震で大破してしまう。 そこを父親の友人宅がしばらく同居しないかと申し出てくれる。 その仲の良い友人というのが、振られた相手の親だった。 ついでにいえば、相手の母親も、ヒロイン琴子のことを気に入り、 息子である直樹とくっついちゃえばいいのに、相性よさそう、 などと言っている点が、普通の話と違うところである。


外堀が埋まっているのでクールな入江くんの気持ちを描いたらツマラナイ作品に なってしまうので、ヒロインがバタバタするしか話の展開のしようがないのだが、 それで物語を持たせるのだから、やはり凄い作品なのだ。とはいえ周りに話を広げる 人物がいて、それゆえこそこそとしようとしたことがおおっぴらになってしまい、 コメディ色が強まる、という仕掛けはあるのだが。


今読んでも面白いのは、最近になってもドラマだアニメだ、外国でも放送だ、 と展開されていることからも証明されていることだろう。佳作傑作は時代を越えるのだ。たぶん。 ちなみにカラー版もリリースされています。


【データ】
多田かおる (ただかおる)
イタズラなKiss(イタズラなキッス)
【発行元/発売元】ミナトプロ/エムズ ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→※いまのところ電子版の取り扱いがありません※イタズラなKiss
honto→honto - イタズラなKiss 1巻 多田かおる - 少年コミック:電子書籍ストア
eBookJapan→イタズラなKiss 少女コミック 多田かおる - 電子書籍・コミックはeBookJapan
高校3年生の琴子は、入学式で一目惚れした入江直樹に告白する決心をしたが、勇気を出して渡したラブレターを直樹は「いらない。頭の悪い女は嫌いなんだ」と冷たく突き返した。確かに彼はIQ200の超天才でスポーツ万能、彼女にとっては高嶺の花。追い討ちをかけるように自宅が地震で崩壊してしまい、父・重雄の親友の家に親子で身を寄せることに。ところがそこはなんと直樹の家! ふたりは同居を余儀なくされてしまったのだ!!

■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 多田かおる/愛してナイト

【オススメ】 河合克敏/モンキーターン

モンキーターン(1) (少年サンデーコミックス).jpg
モンキーターン(1) (少年サンデーコミックス)

■【オススメ】読者の目線にあわせて、ド素人が競艇の世界に入っていく ところから描いていったのが上手な点。

旧作名作を紹介する「一巻読破クラシックス」、今回は「モンキーターン」。 電子版で欲しくなりこのたび全巻まとめ買い。初期の単行本にあわせた巻数リリース で、その分、発表当初の単行本の構成がわかるのは利点。実際のところ、 一巻ではまだ話が動かず、面白くなるのはこの先ではある。


とはいえ、競艇を描く話として、コレ以上の作品は今のところない。 そうした作品が、『週刊少年サンデー』誌上で成立するためには、 それなりの仕掛けが必要である。プロ野球選手になりたかった が背が伸び切れず甲子園への夢もたたれた主人公。 そんな彼に、教師は、ボートレースへの道を薦めるのだった。


幼なじみの女の子を出しつつも、競艇は女子選手も多いので、 男臭い話にはならない。その女子選手を学校の先輩として、 教師が見学に連れて行くという、大人に理解がある設定である。 一応ギャンブルであることに抵抗を示す人物もいるが、 一巻のなかではそれも余計な時間をかけず早々に解決させて、 本題を描くことから無駄にそれないのは、上手い。


主人公は正直なところ身勝手、というか、ひねくれ者である。 それを活かして競艇に進む道に皆が追い込んでいっている、 ともいえる。主人公自身がそれでどんどん乗り気になっていくので問題はないのだが。


ところでこの作品は、受験の後、研修所に入学してからをじっくりと描いていく。 研修所生活を描く漫画は実はあまりないわけだが、ここをきちんと描き、 さらにそこでの人間関係をその後のプロの世界でも踏襲しつつ、 その狭い人間関係だけにとどめなかったところが、 読み手を惹きつける話となった。ちなみに競輪の世界では さすがに石渡治が「Odds」で同様に学校時代をきっちり描いている。 競馬も最近若手がリタイアする事態が増えているので、学校生活から描いた漫画が出てきても良さそうだが・・・JRAさん、考えてみませんかね・・・。「ダービージョッキー」もいいですけど(電子版出ませんかね)、 最近の事情にアジャストした作品を。


1巻以降はどんどん面白くなります。


【データ】
河合克敏 (かわいかつとし)
モンキーターン
【初出情報】週刊少年サンデー 平成8年36・37号〜45号 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】少年サンデーコミックス 【発行日】1997年3月15日初版第1刷発行、デジタル版2008年7月4日発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→モンキーターン(1) (少年サンデーコミックス)
honto→honto - モンキーターン 1巻 河合克敏 (著) - 少年サンデーコミックス:電子書籍ストア
eBookJapan→モンキーターン 少年マンガ 河合克敏 - 電子書籍・コミックはeBookJapan

ボートレーサーを目指し、本栖研修所の試験を受けた波多野憲二。友情と闘争心の中で大きく育っていく若者をえがく異色スポーツまんが。

■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 河合克敏/とめはねっ! 鈴里高校書道部

<< | 3/7PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM