すしまる、サンタ・アンジェロ


● 土日は大阪へ。有安杏果ソロライブに当たったのが大阪の追加公演のみだったために遠征と相成りました。 ホテルが高かったので旅行会社のパック商品を頼み、新幹線はのぞみ利用。東京→大阪2時間30分は早いねぇ。移動の手間暇考えると飛行機よりも電車派。ただ、マイルたまっているので飛行機ならタダなんだけど。 家人が飛行機嫌がるので。
● その家人が 生牡蠣 216円〜、寿司2貫 108円〜、コスパが良すぎる「牡蠣とワイン立喰い すしまる」【大阪】 - メシ通 という記事を見つけてじゃあ、とこちらへ。 牡蠣とワイン 立喰い すしまる _ ショップリスト _ なんばウォーク _ おおさかの地下街 500円のワインは ガゼラ ヴィーニョ・ヴェルデ をはじめ、その値段でこの味というのはなかなかいよいもの揃い、 牡蠣は大ぶりでつるっとしていて、これだけでいい!と 思ったが今回は3個の注文制限あり。なにそれ・・・。でもいろいろアテを頼みすしも頼み、 いやあ、この店、近所に欲しいわ。

● なんばCITY南館の サンタ・アンジェロ はイタリアンというかピッツァの店。12時に行くと1時間待ち。 電話してくれるということだがなかったので1時に店に戻ると案内された。 ランチのペアコースはドルチェとドリンクのかわりに ランクの上のグラスワインへ交換可というデザート要らない派には嬉しいもの。 フロアのスタッフさんは対応や連携が今ひとつも、 頑張っているのは見えるのでまぁ不問に付すということで。 食べ物はきちんと美味しく、コストパフォーマンスも良かったので、 今度は夜に食べてもCP良いと感じるかどうか試してみたい。


2016年総ざらい2)宿泊編

●個人的な総ざらい。宿泊編。

ヒルトン小田原
セブンデイズホテル@高知
星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパ
ヒルトン名古屋1) ヒルトン名古屋2)
セントレジスホテル大阪
ヒルトン東京お台場
京都センチュリーホテル
THE SCREEN@京都
ハイアットリージェンシー京都
リッチモンドホテル名古屋納屋橋
ストリングスホテル名古屋
リッチモンドホテル浜松
コンラッド東京
ヒルトン成田
ヒルトン東京ベイ
ホテルフランクス@海浜幕張
ホテル ザ・マンハッタン@海浜幕張

ヒルトンお台場とヒルトン名古屋が滞在日数最多でしょうか。従来は小田原でしたがお台場にシフト中。会員レベル維持という目的もありますが、お台場はかなり気に入っています。ヒルトンには不満を抱くことも正直ありますが、他のホテル泊まると、すまんその値段だとかなり上等なサービスだよ、と思うのも事実。

今年はずっと気になっていた京都のTHE SCREENに泊まりました。面白いホテルで個人的には気に入ったのでまたぜひ行きたいです。ハイアット京都も良かったけど、まぁ、ちと高いよね。それだけのサービスはしてもらえますが。ウトコも面白かったけど値段を思うと考えてしまう。高知市内に泊まった塩たたきの鰹食べたほうがいいかなぁ。


ヒルトン小田原に行ってきました。

●ヒルトン小田原リゾート&スパ。リニューアル終了でダイニングのブラッセリー「フローラ」が新装オープン。落ち着きとおしゃれさは増しましたが、朝食ブッフェの品数は減少。上層階にあった運営したりしなかったりだったバーは消滅する一方、バンケットが登場。とはいえ個人客には無縁。ここはバーデゾーンと大浴場を使えば充分満足ではありますが、やる気があるのかないのかわからなかったアミューズメント施設が、ヒルトンアミューズメントクラブなる会員組織を始めていました。年会費3000円税別で月1回ボウリング3ゲームないしカラオケ2時間が無料に。加えて誕生月にはディナーブッフェ招待あり。売店20%オフも密かに良いポイント。ワインやツマミ買って部屋飲みというのもこのホテルでは結構やるので。オーシャンラウンジも使えばリゾート堪能。お値段高くない日にうまく泊まることができれば満足度も高いかと。


福岡滞在記

ももクロどんたくで再訪したヒルトン福岡シーホーク。前回はZeppのサカナクション目当てでした。札幌公演狙っていたが外れたので福岡に行ったのでした。そんなZeppFukuokaは閉館が発表されましたが。

エアで行きましたが福岡空港は中心部に近くて、地下鉄駅がすぐにあり博多までは一瞬。便利!ただし、ホークスタウンまでの直通バスというのが空港からはナイ?前回は博多で降りてバスに乗り換えたがバス停がわからず難儀したので今回は地下鉄で唐人町を目指したものの、考えなおしてもうひと駅先の西新で下車。タクシーでもいいかなと思ったけれど都合よくバスが来るようだったので路線バスに乗り換えてホテルまで。ただしこの経路だとホテルの向かい側にしか止まらないのは難点。

ヒルトン福岡はエグゼクティブフロアのラウンジでお酒と酒に合う肴が充実。これは見事。一方でラウンジが20時30分クローズで追い出されるというのは、早い・・・。そしてホテルでは食べずに外に向かった我々は、ホテルで教わったぶきっちょというお店を来訪。居酒屋さんですが夜中までやっており、美味しくいただきました。別の日には、やはりモツ鍋でしょ、ということでやま中本店へ。ここはホテルからすぐそばのバス停まで一本でいける路線バスがあるという奇跡的な立地でした。味噌味はクリーミーで一口目は驚きました。まぁ煮詰めていくと濃くなっていくので最終的にはその味を忘れてしまいましたが、焼酎のボトルは残ったら持ち帰れますし、リーズナブルだよなぁと感心することしきり。


<< | 3/3PAGES |

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM